Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は少し曇る時もありましたが、いい天気。
かなり暑い1日でした。

作業はクラシックギターのリペア。
昨日でだいたい目処がついていたので、今日は弦を張って調整して行きました。
ナット側の弦高が高めだったので、調整して行きます。
弦溝を接着剤でかさ上げしてあったので、削って本来の溝まで調整して行きました。


このギターは指板にアールがついていましたが、サドルはストレートに調整されていました。
弦高はほぼギリギリまで下げてありましたが、サドルにアールをつけつつ、限界まで低くして行きます。


ナットとサドルの調整で、弦高はまだ高めですが、だいぶ弾きやすくなりました。
ゴルペ板の痕も、磨きをさらにかけて、だいぶわからなくなりました。


予定よりも時間がかかりましたが、今日でリペアは終了。

明日は天気の具合を見ながら作業を決めます。

気温が高くなり、汗がしたたるシーズンに突入。
昨日はTシャツに汗の塩分で白いシミが出来るくらい。
汗をかくのはいいのですが、気がつかないうちに楽器や道具につくと後が大変。
ついこの間まで寒いと思ってましたが、しばらくは気を使いながらの作業になりそうです。

写真はリペアが終わったギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« クラシックギ... ネック材、鉋... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。