Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日はいい天気。
気温も上がりました。

作業は電球スタンドの製作。
ちょっと前からご依頼があったのですが、色々と作業があり、なかなか出来ずにいました。
お世話になっているお店に、ほぼ、定番で置いて頂いているのですが、今回はちょっと変わったパターンでとのご依頼。
材を切り出して、整形し、今回はギターのロゼッタのパーフリングを入れてみました。
簡単かと思ってましたが、溝彫りに使うルーターのセンターピンをどうすか、ちょっと検討。
なんとか固定して、溝を彫ってパーフリングを埋めました。
ツラだしをして、整形、下地調整でベースは仕上がりました。
後は、ソケットを取り付ければ完成です。
午後は昨日納品したモダンタイプの調整をしました。
弦高は低めにしてましたが、さらに低くとのご依頼。
お持ち頂いて、少しお待ち頂き、サドル限界まで下げました。
1弦12フレットで2mm。
クラシックギターとしてはだいぶ低めにしました。
作業後、作ってあった電球ベースをオイルフィニッシュして終了。

明日はリペアの続きを予定しています。

写真は製作した電球ベースです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 19世紀ギター... 材、切り出し... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。