Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇りで、少し雨が降る天気。

作業は19世紀ギターのリペア。
ネック周りを仕上げて行きました。
まずは、欠損部分の仕上げ。
接着していた黒檀材を仕上げて行きます。
仕上げ前です。


仕上がりました。


続けて、細かい所も補修しつつ、ヘッド側面を仕上げて行きました。
ヘッドはビーチを使ってますが、今までの作業で黒檀の粉の汚れがあります。


黒檀の粉はしみ込むと落ちづらく、サンディングでは綺麗になりません。
少しづつ綺麗にして、セラックを塗り汚れ防止をして行きました。


ヘッドサイドの次は、指板のエッジ処理。
19世紀ギターは普通のクラシックギターよりも、丸めに仕上げます。
オリジナル楽器の写真です。


リペア楽器を仕上げた所です。


一通り、仕上げた所で、これからの目止めと仕上がり具合のチェックのため、セラックを塗って行きました。




この後、目止めをしながら、フレットを打って行く予定です。

明日もリペアを予定しています。

写真はリペア中の19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« オベーション... 19世紀ギター... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。