Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日はいい天気。

作業はエクスプローラーのリフレットから始めました。
指板修正まで進めてましたが、フレットを打って行きます。
あらかじめ長さを調整し、膠で弛み止めしながら打っていきました。


以前のリペアの際、溝を加工しているので溝の状態はよくありませんが、なんとか打ち込み終了。
ストレートエッジで打ち込み具合を確認し、膠を明日まで乾かします。


リフレットの次は、19世紀ギターのリペアに入りました。
こちらは、今年、大掛かりなリペアが終わったギターです。
ヒールのつき板にクラックが入ったため、再入院になりました。
ヒールは一般的な19世紀ギターよりもアールがだいぶきつめで、つき板を巻くのが難しいタイプです。
つき板はだいぶ薄くしたので、乾燥によるクラックかと思います。
クラックの周囲にはつき板の浮きもありました。
普通はクラックから膠をしみ込ませてリペアする所ですが、今回は安全策をとって、クラック周りのつき板を剥がして、貼り直す事にしました。
クラック部分です。


切れ目少しづつ入れて、クラック周りのつき板を剥がして行きました。


後は、この部分に合わせて黒檀材を整形し、接着して行く予定です。

明日もリペアの続きを予定しています。

写真はリペア中の19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ギブソンエク... ギブソンエク... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。