Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇りで午後は少し晴れ間もありました。

作業は19世紀ギターのリペア。
接着したブリッジを仕上げて行きました。
まずは、膠のはみ出しを綺麗にして行きます。
クランプ時に一度、綺麗にしてますが、わずかに残った部分も取り除いて行きました。


続けて、ブリッジピンをセットして行きます。
最終調整は後でしますが、だいたい、8割くらいまで仕込んで行きました。
弦溝も切って、飾りとブリッジピンを仮組した所です。


この後、ブリッジを下地調整して、セラックで塗装して行きました。
合わせて、ボディー上の指板サイドも塗装して行きます。


ブリッジは塗装せず、オイルで仕上げるか迷ってましたが、ついていたブリッジが塗装してあったので、塗る事に。
おそらく、リペア時に塗ったと思われますが、全体の雰囲気に合わせました。


やっとここまで来ましたが、後は、細かいパーツとセラックフレンチポリッシュの仕上げで終わりそうです。

明日もリペアを予定しています。

写真はブリッジを塗装したリペア19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 19世紀ギター... リペア19世紀... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。