Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇りで少し雨も降る天気。
気温は高めでしたが、風が強い1日でした。

作業は19世紀ギターの修復。
家具と雑貨でしばらく休んでましたが、再開です。
フレット位置の問題で何日か費やしましたが、オリジナルの状態への修復をどうするかオーナーと相談しました。
弦長がだいぶ長くなる事と、今後、実用としていくため、完全修復ではなく、使いやすい形へのリペアになりました。
楽器は表板と指板面が同じのフラッシュフィンガーボードです。
今回、モダンタイプのような指板が表板に載るタイプに変更する事になりました。
ヒールは作ってありましたが、フラッシュフィンガーボード仕様なので、表板の分、高さを低くしてあります。


今日は、そのヒールをつくリナをして行きました。
まずは、材をラフカットして行きます。


これを、グリップ形状に合わせつつ、整形して行きました。


前のヒールと比べてみました。


作り直したヒールを仮組した所です。
表板の面と指板を接着する面が同じ高さになりました。


この後は、ヒールに黒檀を巻いて、ヒールを接着。
ネックグリップは、指板を剥がして、新しく作り直しと進める予定です。

明日もリペアを予定しています。

写真はリペア中の19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« クラシックギ... 19世紀ギター... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。