Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇り。

作業は19世紀ギターのリペア。
ヒールのつき板の修復でした。
昨日から塗装の入っていますが、今日も続きを進めます。
顔料入りセラックで塗り重ねていきました。
顔料で黒檀材の目止めもかねているので、昨日塗った分を軽くサンディングしていきます。


導管は埋まってますが、継ぎ目はうっすらとわかるので、わからなくなるくらいまで塗って行きました。
ひけを少なくするため、薄く何度も塗るので、結構時間がかかります。
おそらく、乾燥するとまたひけがでるので、この行程をもう一二回繰り返してから、せラックのみでトップコートに入る予定です。
今日の分を塗り終わった所です。


明日はリペアの続きと、余裕があれば他の作業も進める予定です。

写真はリペア中の19世紀ギターです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 19世紀ギター... 19世紀ギター... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。