Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は雨。

作業はオベーションのリペア。
先日、フレットとネック調整しましたが、今日から表板のリフィニッシュに入りました。
まずは、剥離したブリッジ部分から始めます。
このギターはブリッジの接着面に浅い彫り込みがあり、表板に密着している所は縁だけです。
彫り込みの分だけ、接着剤の厚みを出して接着強度を上げるようにしていると思われます。
エポキシなので、塗膜の剥離前に接着剤を取り除いて行きました。
ブリッジ部分が終わった所で、塗膜の剥離に入りました。
オベーションは塗装が他のギターとはちょっと違い、厚めで、硬めの塗膜でした。
表板自体は削らず、塗膜だけ削るので、作業は難航。
今日で剥離は終わりませんでした。

明日は、今日の続きと、できれば、19世紀ギターも進めたいと思ってます。

写真は剥離前のブリッジ部分です。
本当は、剥離中のギターの写真を載せるつもりでしたが、作業難航で撮り忘れました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇り。

作業はリペアを予定していましたが、色々と用事があって、ほぼ休み。
ただ、昨日、指板を接着した19世紀ギターが心配なので、クランプを外して様子を見ました。
ほぼ、予定通りに接着できていました。


明日はやっぱりリペアを予定しています。

写真は指板を接着した19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇りで、少し、雪も降る天気。
気温よりも寒く感じました。

作業は19世紀ギターのリペア。
製作した指板を接着して行きました。
まずは、指板の位置決めをして、マスキング。


接着する部分の塗装を剥がしつつ、接着面を整えて行きます。
見た目だとわかりませんが、結構ボコボコです。
ただ、削りすぎのはよくないので、最小限の調整のみで塗膜を剥がしていきました。


今回、指板の接着スタイルを変更してます。
オーナーのご希望や、諸事情のためですが、本来の修復とは方向性が変わってしまいました。
そのため、のちにオリジナルに修復する時が来た時のため、今回リペアした部分がわかりやすくしてあります。
また、接着も膠を使い、製作当時に戻せる範囲でリペアを進めて行きました。
部屋の温度や膠の準備ができた所で、指板を接着クランプして行きます。



このまま、明日まで乾燥させます。

明日もリペアを予定しています。

写真は指板接着中のリペア19世紀ギターです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇りで、雪も少し降る天気。
風が強く、寒い1日でした。

作業は19世紀ギターのリペア。
指板製作の続きを進めました。
溝を切りましたが、今日は厚みを調整して行きます。
作業前はモダンタイプくらいの厚みがあります。


これをまずは、挽き割りしました。


切断面を鉋でならします。


表面も軽く鉋がけしました。


このぐらいまで調整しました。


厚みが決まった所で、幅を調整して行きます。
同時に、直線も出して行きました。


ナット部分をカットして整えた後、ロゼッタ部分も加工し、際ギリギリになるようにします。


今日で指板はほぼ完成。


明日もリペアを予定しています。

写真は指板製作したリペア19世紀ギターです。
指板は、接着後に指板面に円錐アールをつけて行く予定です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は雨のち曇り。
一度、雨は上がりましたが、また、少し降ったり、、、。
気温は高めな1日でした。

作業は19世紀ギターのリペア。
ネックを接着したので、今日は指板を製作して行きました。
まずは、材の平面を出してある程度整形します。
この時点では、厚みはかなり厚くしておきます。


材の準備ができた所で、フレット溝を切って行きました。
正確に切るのには気を遣います。
最近は目がよく見えないので、ノコの刃とフレット位置にマークしたカッターの線をあわせるのが大変でした。
切り終わった所です。


ナット部分のカットと、厚み調整、ロゼッタ部分の加工はこの後、進める予定です。



明日は外出予定ですが、余裕があればリペアを予定しています。

写真は指板を仮置した19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ