Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は昼頃は雪。
のち曇りましたが、気温が高めで、積もっていた雪は融け気味でした。

作業はリペアが終わった19世紀ギターの発送準備でした。
まずは、取り外したパーツ類の整理。
使えない物が多いですが、資料として残しておく物と、今後、修復時に使用する可能性があるもをまとめました。


パーツの後は、本体の確認に移りました。
試奏した所、特に問題は無かったのですが、フレット調整が少し気になりました。
今回、ネック折れの修復があるのがわかり、さらに修復し直したり補強したりしました。
ただ、強度に不安があったので、弦を張って張力がかかったとき、順反り傾向が強く出る予想でした。
しばらく様子を見てましたが、補強対策がうまくいったのか、反り具合はほんのわずか。
フレット調整時、若干、ネック中央部分を高くしてましたが、普通に仕上げ直しする事にしました。
調整中です。


弦を張り直して確認しましたが、ネックはいい状態でした。
今日中に楽器も梱包するつもりでしたが、明日、もう一度確認してから梱包する予定です。

明日は、19世紀ギターの梱包と、オベーションのピックアップ取り付けの仕上げを予定しています。

写真は発送準備中のリペア19世紀ギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は日中はいい天気。
日が射して、気温も高めでした。
夜は曇って、少し雪まじりの雨が降ってます。

作業は、先日、リペアが終わったオベーション。
ピックアップの取り付けでした。
本体にはボディー内に貼付けタイプのピックアップが仕込んであります。
それとは別に、サウンドホール取り付けタイプをつけるとこになりました。
本来はサウンドホールの縁に挟むタイプで、ネジで締めて固定します。
今回は挟まずに、取り付けするご依頼。
本体の取り付け機能は使わないので、取り付けベースを作って行きました。
パーツ作りの前に、まずは、どうやって取り付けるか考えます。
ベースもピックアップも取り外しできるようにするので、色々検討。
なんとかパーツを作って、取り付けまで進めました。


後は、パーツのディテールを整え、見栄えを良くすれば終了です。

明日はリペア19世紀ギターの発送準備をする予定です。

写真はピックアップ取付中のオベーションです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は日が射す時もあり、日中はいい天気。
夜になって、少し雪が降りました。

作業はアーチトップギターのネック仕込み。
しばらく中断してましたが、続きを進めました。
表板を張り直したり、ネックブロックも修復、再接着したり、ダブテイル部分の横板も修復したり、、、。
ネックの仕込みもある程度調整してましたが、ブリッジを仮組すると、もう少し角度をつけた方が良さそうなので、調整して行きました。
調整した所です。




もう少し、角度をつけたい所ですが、他のパーツとの兼ね合いを見て進めます。
アーチトップギターの次は、オベーションの取り付けるピックアップの作業に移りました。
サウンドホール取り付けタイプですが、オリジナルの取り付け部分は改造してあります。


安定し多取り付けと、ロゼッタにかませない方法がご希望なので、何かパーツを作る必要があります。
出来ればシンプルにしたいので、今日は検討で終了でした。

明日もリペアを予定しています。

写真はネック仕込み調整中のアーチトップギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日はいい天気でした。

作業は19世紀ギターのリペア。
一応、昨日終了したのですが、状態に変化がないようだったので、納品準備をしました。
まずは、弦を外して指板のクリーニング。
オイルで仕上げました。


ボディーの中も綺麗にします。
手が入らないので、奥の方はちょっと大変。
長年のホコリがたまってましたが、出来るだけ綺麗にしました。


ボディー全体も綺麗にして、弦を張り直し。
かなり時間がかかりましたが、やっと終了。
今回はネックをリセットしつつ、ヘッドとヒールを交換。


指板もフラッシュフィンガーボードから普通のタイプへ変更、交換。


ブリッジも新規作成交換。


サイドの割れリペアのやり直し。


エンドピンの製作。


一番の難敵はネックグリップの折れに伴うダメージの修復。


ボディーもトップコートに塗られたニスを落として、セラックで仕上げ直し。
ネックは全体をリフィニッシュ。
その他、細かい所色々、、、。
この手の楽器ではめずらしくない内容ですが、なんとか仕上がりました。

明日もリペアを予定しています。

新年は製作と言ったばかりですが、もう、一月も半分過ぎました。
もうちょっとリペアは続きますが、終わり次第、製作モードに入ります。

写真はリペアが終わった19世紀ギターです。
もうちょっとで200年近く経つ楽器ですが、音色もよく、よく鳴ります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は雪。
一旦やみましたが、夕方からまたいっぱい降りました。
大雪です。

作業は19世紀ギターリペア。
最終調整して行きます。
まずは、ペグをセット。
差し込み具合を調整しながら、ヘッド側はペグ穴の塗装の入り込みを取り除いて行きます。
と、進めてましたが、1本、仕上がりが気になるペグがあり、作り直す事に。
使えなくはないのですが、せっかくここまで手間をかけて来たので、悔いのないようにします。
作り直し中のペグです。


ペグが仕上がった所で、ペグをセット。


弦を張って、ナットとサドルを調整して行きました。
ナットは、溝調整後に整形仕上げして行きます。




最後は作ってあったエンドピンをセットし、リペアは終了。


少し様子を見て変化が無ければ、発送になります。

明日もリペアを予定しています。

今日は午前中に自宅前を1回除雪。
工房のある実家の駐車場も除雪。
作業が終わって外に出ると、除雪した分よりもいっぱい積もってます。
今年は今まで楽してきましたが、やっぱり避けられない除雪の時期に入ったみたいです。

写真はリペアが終わった19世紀ギターです。
リペア箇所はいっぱいあったので、書ききれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ