Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日はいい天気。

作業はフラットマンドリンのモールド製作でした。
材を積層してあったので、まずは、センター合わせするために鉋がけして行きます。


ボルトで左右を固定する加工や、平面も出していきました。


材の準備ができた所で、楽器の形に切り出して切断面を整えて行きます。
意外と複雑な形状で、ギターよりも大変でした。
内側からサイドを固定する治具も製作して、モールドはほぼ完成。


この後、製作しながら必要に応じて改造して行く予定です。

明日はリペアを予定していますが、外出予定があるので時間を見て決めます。

写真は製作したフラットマンドリンのモールドです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日はいい天気。
最高気温は低めでしたが、肌寒さは感じませんでした。

作業はフラットマンドリンのモールド製作から始めました。
材を買って来て、長さを揃えてカットし、積層接着して行きます。


このまま、明日まで乾かすので、次は、型紙の製作に入りました。
資料では、コンマ1ミリ単位まで記載してあるので、出来るだけ正確に型紙を作ります。


この後、型枠の製作を進めて行く予定です。
マンドリンの次は、19世紀ギターのリペア。
2日間乾燥させていた顔料セラックを軽くサンディングし、下地調整していきました。


自分でも継ぎ目がわからない位だったので、普通のせラックでのトップコートに入ります。
乾かしながら、何度か塗り重ねて行きました。


こちらは、もう1日塗り重ねて、仕上げ行程に入る予定です。
最後は、ストラトのリフレット。
膠で弛み止めしてフレットを打ち、乾かしていましたが、今日はエッジ処理して行きました。
フレットエッジ用のヤスリが長年の使用で削れなくなってきていて、堅くて太いフレットは大変。
なんとか削って、この後、レベリング整形と進めて行きます。


明日も色々と進める予定です。

写真はリペア中の19世紀ギターとストラトネックです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇りで、雨も少し降る天気。

昨日は外出で作業が出来ませんでしたが、今日はストラトリフレットの続きを進めました。
まずは、溝の調整。
このネックは溝の両端が埋木してあり、フレットはバインディングつきのネックのように両端の脚をカットしてありました。
フレットのバリや、塗装のクラックを防ぐためかと思いますが、今回は普通のストラトのように打って行きます。
なので、まずは、溝の両端をノコで切り直し。
事前に溝の部分の塗膜に切れ目を入れたりするので、準備に結構時間がかかります。
溝が整った所で、フレットを指板面のアールに合わせて曲げて行きました。
仮組した所です。


この後、フレットをカットして、膠で弛み止めしながら打って行きました。
打ち終わったフレットは1日乾燥させて仕上げて行きます。

明日はリペアを進める予定です。

写真はリフレット中のネックです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は少し曇る時もありましたが、いい天気。

作業は19世紀ギターのリペアから始めました。
行程は昨日と同じ。
地味ですが、繰り返して行きます。


19世紀ギターのリペアを進めながら、ストラトのリフレットも進めて行きました。


こちらは、フレットの凹みは無いのですが、擦り合わせで全体に高さが低くなっています。


フレットを抜いて、ネックの状態を確認しながら、ロッドの具合も見ていきました。
今回は塗装はそのままで、フレットのみ交換しますが、フレットを抜いた所の塗膜の盛り上がりを削って行きます。
全体的に見るとハイポジションの塗膜が厚めだったので、その辺も合わせて調整しました。
この後、フレットを打って行く予定です。
最後は次に製作する楽器の準備を進めました。
フラットマンドリンです。
図面や資料を集めてましたが、細かい所は図面だけではわからない所も多く、だいぶ考えてました。
とりあえず、型枠から作って行く予定です。


明日は外出のため、時間があれば作業を進める予定です。

写真はリフレット中のストラトのネックです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇り。

作業は19世紀ギターのリペア。
ヒールのつき板の修復でした。
昨日から塗装の入っていますが、今日も続きを進めます。
顔料入りセラックで塗り重ねていきました。
顔料で黒檀材の目止めもかねているので、昨日塗った分を軽くサンディングしていきます。


導管は埋まってますが、継ぎ目はうっすらとわかるので、わからなくなるくらいまで塗って行きました。
ひけを少なくするため、薄く何度も塗るので、結構時間がかかります。
おそらく、乾燥するとまたひけがでるので、この行程をもう一二回繰り返してから、せラックのみでトップコートに入る予定です。
今日の分を塗り終わった所です。


明日はリペアの続きと、余裕があれば他の作業も進める予定です。

写真はリペア中の19世紀ギターです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ