Luthier日記
弦楽器製作の様子と日々の出来事。
 





今日は曇りで、晴れ間もありました。

作業はクラシックギターのフレット打ち直しから進めました。
フレットを抜いたとき、接着剤で接着していましたが、今回は膠で弛み止めをする事にします。
まずは、膠を溶かしながら、フレット打ちの準備をして行きました。
膠を溶かしている所です。


指板は平面を出していますが、溝を少し面取りして行きました。
面取りが終わった所で、フレットを打って行きます。
オリジナルフレットの打ち直しなので、ピッタリの位置に打って行きました。


打ち込み具合を確認しつつ、はみ出した膠を拭き取りつつ、なので、結構時間がかかります。
なんとか、打ち終わりました。


フレットは膠を1日乾燥させるので、レベリングとエッジ処理は明日にします。
フレットの次は、ブレイシングの剥がれのリペアに入りました。
裏板のボディーエンド側に剥がれがあります。
今日、確認すると、両端に剥がれがありました。




剥がれた部分に接着剤を刷り込んで、ボディー内に柱を立てて、クランプして行きました。
このまま、明日まで乾燥させます。

明日は外出予定がありますが、できれば、クラシックギターリペアの続きをしたいと思っています。

今日は午前中に引っ越し先の台所の蛇口を交換しました。
単純に、外して、新しいのをつければいいのですが、何度もリフォームしたり、蛇口も交換したような感じです。
取り外してみると、配管の中に錆があったり、給湯器側と水道水側の配管の径が微妙に違ってました。
水漏れ防止テープをネジ部分に貼って取り付けましたが、ゆるい方はわずかに水漏れします。
取り外しては、つけ直しを何度か繰り返しているうちに、昼になってしまいました。
それでも、なんとか交換終了。
まだ、リフォーム箇所は色々ありますが、少しづつ進めるつもりです。

写真はフレットを打ち直したリペアクラシックギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は少し曇る時もありましたが、いい天気でした。

作業はクラシックギターのリペア。
フレットを打ち直して行きます。
まずは、フレットを抜いて行きました。


指板は幅方向に反りがあり、真ん中がわずかに凹んでいます。


フレットを抜いて調べてみると、わずかに順反りもありました。


フレットを抜き終わった所で、指板を調整して行きます。


調整が終わった所です。






今回は、フレット自体に減りが無いので、オリジナルフレットを打ち直します。
抜いたフレットは反りがあるので、修正して行きました。
抜いた所です。


修正後です。


明日もリペアの続きを予定しています。

取り寄せしていた19 世紀ギターの修復に使う材が、昨日、やっと届きました。
せっかく修復するので、オリジナルで使われていたと思われる材を使います。
今日、テレビでイタリアで絵画修復をしている人の番組を見ました。
分野は違いますが、楽器の修復と考え方は似ていると思います。

写真はリペア中のクラシックギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日はいい天気。
この所、肌寒いくらいでしたが、今日はちょっと暑く感じました。

作業はアコースティックギターのリペアの仕上げから始めました。
各部調整しながら弦を張って行きました。
取り外していたナットを接着し、戻していたロッドも調整。
弦を張って、さらにロッド調整していきました。


ボディーも綺麗にして、試奏。
ご依頼のトラブルは解消したようで、異音はしなくなりました。
こちらは、リペア終了。


夕方、無事、お引き渡ししました。
今日は、新規リペアの楽器もお預かりしました。


こちらは、クラシックギターです。
フレットは浮きがあります。


指板も幅方向にわずかな反りがありました。




ボディーをタップした所、怪しい感じがしたので、内部も調べて行きます。
やはり、ブレイシングの剥がれがありました。


こちらのリペアも急ぎなので、他のギターと平行で進める予定です。

明日もリペアの予定です。

引っ越しに伴い、少しづつプチリフォームも進めてます。
昨日はキッチンの蛇口を購入したので、後で交換します。
ほかにも、色々ありますが、新工房の準備も進めないと、、、、。

写真は新規リペアのクラシックギターです。
シープレスサイドバックのフラメンコです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は雨のち曇り。

作業はアコースティックギターのリペア。
昨日の続きでした。
今日はリフレットを進めます。
減っているフレットを抜く所から始めました。
8フレットまで抜きました。


指板も微調整。


リペアギターは指板にバインディングがついているので、フレットは重なる部分の足をカットします。


フレットを打ち終わった所で、いつも通り、レベリング、整形、磨きと進めました。




仕上がったフレットです。


最後に、残っていた表板ブレイシングの剥がれを接着クランプして終了でした。

明日もリペアを予定しています。

写真は半分リフレットしたアコースティックギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






今日は曇りで、夕方からは雨。

作業はアコースティックギターのリペア。
飛び込みで、今日、依頼があり、工房には夕方お客様が見えました。
以前、工房でリフレットしたギターですが、もう、フレットが減ってしまったとの事。
ローポジションの2弦の減りが激しく、ハイポジションは減りがありません。


減っているローポジションのみ、リフレットする事になりました。
その他、エンドジャックの不具合と弾いた時のノイズが気になるそうです。
リペア中の楽器があるのですが、来週の水曜にライブがあるとの事で、早速作業に入りました。
ジャックは取り付け直して、ほどなく終了。
その後、ノイズの原因を調べて行きました。
自分で弾いた所、ノイズは無く、出たり出なかったりするようです。
ボディーをタップしてみると、ブレイシングの剥がれがありそうだったので、チェックして行きました。
調べた結果、裏板に3ヶ所、表板に1ヶ所剥がれた部分があります。






フレットの前に、まずは、ブレイシングの剥がれをリペアして行きました。

ボディー内に柱を立てて、外側からクランプ。


何回かに分けて、接着して行きました。

明日もリペアを予定しています。

写真はリペア中のアコースティックギターです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ