古今輪風@自転車ふぁん

わからない事だらけのレストア&メンテナンス備忘録

ランドナーのダイナモ配線

2017-06-14 05:45:16 | メンテナンス

レストア中のランドナーの、ダイナモ配線を行いました。ダイナモを使うかどうかは分かりませんが、あとで通すのは大変なので^^;

針金と釣り糸を駆使して、想定する配線ルートには釣り糸の「導線」を通してあります♪

 

予め通しておいた「釣り糸」に、カー用品ショップで買ってきた配線コードを結び付けます。

 

ダウンチューブ上端下部に設けられた穴から配線を引き込みます。

 

当初予定は、ダウンチューブ→BBシェル→左チェーンステー、一旦外に出て左シートステーに入りダイナモ台座手前へ引き出すルート。しかし、実際配線した後でBBを組み付けてみたらBBシェル内でBBのネジ込み部分が配線に干渉することが判明。BBを目一杯締めると配線は切られてしまう感じで、このルートは外れ。

 

で、リルートしました。最終的には…

 

ダウンチューブ内部に引き込んだ配線はBB下部より一旦外へ出し…

 

左チェーンステー根元の穴から再度中へ。

 

このあとは当初ルートと一緒。左チェーンステーから一旦外へ出て、左シートステーへ再突入。

 

ダイナモ台座手前の穴から無事に脱出。配線は長めにとって束ねておきますが、ダイナモの運用については継続課題(゜-゜)

ジャンル:
自転車
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BAD BOY 旬!? | TOP | バイブル »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
配線 (さくらなみき)
2017-06-14 20:41:23
チューブの中に配線が引き込めるのは、ちょっと羨ましいですが、中の錆対策が気になりますね。

ランドナーって、遊び度が一番高い自転車だと思います。完成が楽しみですv
Re:配線 (ken)
2017-06-17 17:45:55
こんにちわ。
錆対策は、今回初めてレスポの防錆スプレーを使ってみました。ただ、こだわるとキリが無いなぁ~って、やってみて思いました…
レストアする車体は基本的に自分で「乗る」イメージで全力投球なので、いちいちめんどくさいです、それも楽しいんですけどね(笑)
ダイナモは、とても悩んでます。本来拘らなくて良い部分ですが、結果的に割と軽量部品を使ってるので軽く仕上がりそうなのが逆にストレスだったりしますね(笑)

しかし、やっぱりランドナー、楽しいのは間違いありません_(_^_)_

post a comment

Recent Entries | メンテナンス

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。