古今輪風@自転車ふぁん

わからない事だらけのレストア&メンテナンス備忘録

シマノロード10Sトリプル チェーンリング互換性(其の二)

2016-12-13 21:14:27 | パーツ&アイテム

前回からの続き。

FC-4603。

歯数の構成は選べなくて、50t-39t-30tの一通り。STIで使用出来るFDはアウター50t専用設計のFD-5603かFD4603。一般的なロード用ダブルクランク、例えば現行アルテグラなんかを引き合いに出したら当然重いですが、変速性能は非常に高く私レベルでは全くもって申し分なし。そんな訳で特に不満はありません。


DURA-ACEのクランク、FC-7803。パッと見はTIAGRAと大きく変わりませんが、やっぱりよく見れば仕上げの感じや形状が違います。何よりも「重ッ!」って感じたTIAGRAよりも随分軽いですし、巷では超剛性で通っている”脚に優しくない”クランクみたい。硬さの方は、それは私には分からない世界かもしれませんが、DURA様オーラは私にも分かる。


長さは172.5mm。


交換前、FC-4603の左クランクが約240g。


FC-7803の左クランクは約185gで、その差は55g。


FC-4603の右クランクが約420g。


FC-7803の右クランクが約330gで、その差は90g。クランク単体では左右で140gの差。これでチェーンリングもちゃんと変えてあげれば、全体では結構な差になりそうです。


クランクがDURA-ACEでチェーンリングはTIAGRAなので、「DURA-GRA/デュラグラ」と言ったところでしょうか。チェーンリング根元の厚みが違うのか、TIAGRAのチェーンリングは少し窪んだ形で付きます。でもまぁ言われなければ気付かない程度。肝心の変速は普通に調整できて全段スムーズに動くなぁ~って、数日このまま乗っていました。

ある日いつも通りスタンドにかけてメンテしていたところ、フロントがセンターでリアがトップ~3枚目の位置にあるとき、フロントでチェーンが周期的に持ち上がる現象が発生している事に気付きました。カタログ上のチェーンラインはFC-7803もFC-4603も45mmで一緒ですが、チェーンがFDに接触していない状態で起きるので単純に微妙なチェーンラインの問題と思います。一旦クランクを外して何度も寸法を比べてみましたが、クランク単体での違いはちょっとわからない。それでも実際に取り付けると間違いなく発生する現象で、FDを基準に比べてみるとやはりFC-7803の方が少しだけ内側に収まる様子。インナーとアウターは大丈夫ですが、上下に動かし易い?形状のセンターはシビアなのかもしれない。特定の条件だけなのでこのまま使おうかとも考えましたが、フロントセンターでリアトップ付近はそれなりに使う状況ですし、後から思えばFC-7803にしてからチェーン詰まりというか、チェーンサックの様な現象が2回程あって、その辺りの原因になっているのかもしれない。そんな訳でスペーサーだ何だで調整する努力はせず、DURA-GRA仕様は早々に諦めるコトに。

DURA-ACEのプリントが目立つのでパッと見がとてもカッコ良くなったのと、若干の軽量化を果たして満足していただけに残念…。

ジャンル:
自転車
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シマノロード10Sトリプル チ... | TOP | ミニベロ計画… »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
付け焼刃… (さくらなみき)
2016-12-15 21:29:06
アウター組み付け時にワッシャ噛ませてツライチに合わせる…というやっつけ仕事の好きな人が来ましたよ。
Re:付け焼刃… (ken)
2016-12-16 07:19:26
ワッシャも、チェーンの持ち上がり方からすると現実的にはBB(右)にスペーサーかなとも思ったのですが、左右差が出るしホーローテックでそこまでしないかなと…
早々にやめてしまいました(笑)
古い自転車だと、チェーンラインは色々やりようがありますけどね、最近の規格品は弄りず辛かったりします^^;

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。