我が家のウィリー王子

イングリッシュセッターとの、楽しい毎日。

18年ぶり

2017-04-17 22:16:21 | ウィリー

18年前に子供達に英語を教えてくれていた、大好きなスーザン家族が日本にやってきた

No2とMomが5年前パースで会って以来、会うのは4年ぶり。

嬉しい再会に会った時から泣いてしまったMom。

年を取ると涙もろくなる・・と思ったら、スーザンとルイスも涙ぐんでた

(18歳のEは昨年学校から日本に来たので、1年ぶり)

5年前お腹に居たBaby、Esは今回初対面で、今では4歳。

まるで、人形のような可愛さ!

年下の Jとも、仲良く遊んでくれてとっても、本当にGOOD GIRL

せま~い我が家が いきなりインターナショナル

ウィリーはウヒャウヒャと、大喜びして大変な事になるかと思っていたら、

思ったよりGood boyだった

朝、散歩で疲れさせたのが良かったかな~? フフフ・・作戦成功!

18年ぶりの懐かしい場所を巡って、その日はホテルシーショアでおもてなし宿泊。

海側の部屋の一面が全てオーシャンビューの素晴らしい眺め。 

夜は絵に描いた様な月景色。(これはスーザンが撮った写真を拝借)

次の日は、姫路城へ。

誰かお客様が来た時しか行かない姫路城だけど、新しくなってからは初めて。

もしかしたら、こんなに桜が咲き乱れてるベストシーズンに来るのは初めてかもしれない。

天気が良くて、満開の桜と風に舞う桜吹雪で、より美しく見えた。

その後、姫路駅まで送って行ったけど、姫路駅も18年前と比べると本当に変わってしまった。

私達、近くに居る者には良い事だけど、スーザン達には懐かしい駅が無くなってしまった。

ちょっと残念な申し訳ない気持ちになった。

ところで、いつも宿泊で家を空ける時に一番心配な事。

ウィリーの散歩をDadに頼んで行っていたけど、「散歩に行こか?」と言っても

2階の部屋から一歩も出ず、ふて寝を決め込んでいたらしい。

これで、Momの一泊以上の旅行は絶対に無理だと言う事が決定した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくら | トップ | 病院へ😢 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Olemom)
2017-04-19 00:24:39
とっても楽しくって良い時間が過ごせたみたいで良かった‼︎
海辺の素敵なホテル‼︎ それにしても、「ウィリーのふて寝」が笑えます‼︎
悩みの種 (Olemom)
2017-04-20 00:02:14
ほんと!
ママっ子のウィリーには困ったものです
スーザンが、Ole君のパパが作った揺りかごが
とってもステキって、覚えてたよ~。
手作りの揺りかごなんて、中々ないものね!
シーショアの夜ご飯はちょっと失敗でした。
和食なのに、刺し身にフレンチっぽいソースが掛かってたり・・中途半端な感じ。
フレンチにしておけばよかった

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL