我が家のウィリー王子

イングリッシュセッターとの、楽しい毎日。

ウィリーの為に・・

2017-05-13 00:42:07 | ウィリー

緑内障と診断されてかから、3週間が過ぎました。

あの日から、涙も鼻水も体中の水分が無くなる程泣きました。

心の格闘を繰り返し、ここだけ時間が止まってしまってるようです。

ウィリーの左目は眼圧のせいか、少し大きくなってきた感じがします。

これは1日、大阪の帰り。

最近の目

右目と比べて少しだけ大きくなったウィリーの左目を見ると、

「もう手術を決断するしかないのかも・・」

最近、少しづつそう思うようになってきました。

今月1日に大阪の眼科で血液検査を(当日結果が出る)して貰った時、

獣医さんが

「ウィリーちゃん、体の方は良くケアしてあげてますね!11歳でも問題は無いですよ!手術にも耐えられます!」

と言っていた。

その言葉を聞いて、ワケも分からず余計に空しくなった。

多分、その時は体が元気でも手術なんてしたくない・・と思っていたからだろう。

そして、今日3週間前の血液検査の結果が郵送で届いた。

結果は知っていたけど、

改めて毎年異常が無く、今まで何も心配を掛けなかった元気なウィリーに感謝した。

緑内障だけなら、まだ良かったんだと、今なら思える。

 

No1は仕事中、涙が止まらない程心配して毎日仕事帰りに顔を見に来た、

No2は、子供達を預けて病院に付いてきてくれた、

No3は遠い国で、病気について色々調べて資料を送ってくれた・・・。

家族が、一杯心配して一杯悩んだ・・・ウィリーにとって一番ベストな方法を考えよう・・・。

昨日、No1が、

「ウィリー、目が痛くなっていくなら、・・・取ってもらおうな・・・」と言った。

私も 「そうだね・・・」 と呟いた。

私には大きすぎて辛すぎる決断だけど、ウィリーには家族全員が付いているから、

きっと大丈夫。

片目になっても、イケメンのウィリーには変わりはないよ!

次に病院に行く時、手術の申し込みをする事になると思う・・・。

連絡頂いた皆さん、本当にありがとうございます。

なるべくブログで様子をお知らせしたいと思います。

ウィリーは頑張ってくれると思いますのでパワーを送ってやってくださいね。

 

 

 

 

 

<script type="text/javascript" language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3332382&pid=884672997"></script> <noscript></noscript>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィリーの左目 | トップ | 時間よ止まれ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張って! (コロママ)
2017-05-13 06:38:15
ウィー君にとっては、痛みがなくて、愛する家族といつも通りに暮らせれば幸せに違いありません。
いっぱいいっぱいパワーを送ります!
Unknown (Olemom)
2017-05-13 20:34:40
そうだね、それがいいと思うよ。
Oleに何が一番いい方法かな、と話したら、彼は即「手術以外にないでしょ‼︎ 痛いって言えないんだよ。悪いのは左目だけでしょ⁉︎」って言ってた。
世界中のウィリーファンがパワーを送るからね。全て上手く行くから、もう涙流さいでね😉
Unknown (Tファミリー)
2017-05-13 22:52:33
毎日メールしようかと思いながらどう言えばよいか解らなくてできなかったの。ごめんね。
みんなで決心したんだね。
ウィリーに両眼があろうがなかろうが私はそんなの気にしない!
ウィリーが大好き!
ウィリーを愛するマムが大好き!
ウィリーはきっと気にしない。
大好きな家族とずっと一緒にいられればそれだけで幸せだと思うよ。
ありがとうございます。 (コロママさん)
2017-05-13 23:39:10
コロママさん、ありがとうございます。
まだまだ望みが捨てられないでいますが、体が元気な内に手術をしてあげて、後は右目のケアを全力でしていこう・・・皆でそう話しています。
目の病気がこんなに怖い物だとは思いませんでした。
ありがとう。 (Olemomさん)
2017-05-13 23:50:28
Olemomさん、本当にありがとう。
病気に慣れてない私は、間違いじゃないのか、薬や漢方で何とかなるはずだ!と、色々考えていたけど、少しずつ受け入れていくしかなくなってきました。
まだ痛くなさそうなウィリーを見てると、手術しなくても何とかなるんじゃないかな?と、又思ってしまうけど、ウィリーにとって最良の方法は手術しかなさそうです。Ole君にもありがとうと伝えてね。
ありがとう。 (Tファミリーさん)
2017-05-13 23:57:43
Tさん、ありがとう。
いつも心配してくれてるのは、ちゃんと伝わってます。
数少ない、関西のセッターオーナーは親戚みたいなものだもの。
私にもウィリーにも、心強いファミリーです。

また、元気になったら皆で遊びに来てやってね!
ウィリーのために (Baz)
2017-05-14 20:35:16
お久しぶりです。
コメントさせて頂くのも覚えてないくらい本当に随分前になりましたね。
ウィ君の目の具合。とても残念です。いくら、一緒に暮らして年を取って来ても
やっぱり、それは穏やかにありたいですものね。
ベストな方法を家族みんなで考えていら者る事にとても胸を揺らされました。良い方向に向かう事を切に願っています。

そして、どんな時も笑顔でウィ君に接してあげてくださいね。それが、何よりものパワーの源であると信じています。
ありがとうございます。 (Bazさん)
2017-05-15 01:02:15
Bazさん、ありがとうございます。
ウィリーがこうなって、初めて目の病気の恐ろしさが分かりました。
何頭も犬を飼ってきて、こんな事すら知らなかった自分が情けないです。
失明と摘出・・ショックが大きすぎて、今の気持ちになるまで、とても時間がかかりました。まだまだ涙が出ない日は無いけれど、いつもと変わらずへそ天で寝てる デカイ態度のウィリーを見ると、笑ってしまいます。
ウィリーは強いので、頑張ってくれると思います。
本当にありがとう。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL