-アラジンストーブ 修理と販売- 暮しの道具とストーヴ『KEM-G』

各種石油ストーブのメンテナンスと在庫ストーブのご紹介などなど
(石油機器技術管理士の資格を取得しています)

#0106 #15のタンクの中を見てみましたの巻

2017年02月20日 | 日記
前回#0105で少し触れた、

シリーズ#15の芯上下機構の不具合修理を依頼された件、

早速、挑戦してみました。



今回の修理、タンクの中が全く見えないので、

このままでは原因の特定ができず、打つ手も決まりません。



そこで思い切って新兵器を入手!

以前から、欲しいなぁと思っていながら、踏ん切りがつかなかったコレ。





商品名はスネークカメラですが、いわゆるファイバースコープ。

画面のハッキリ感は思っていた以上に鮮明で、

これなら役に立ってくれそうです。



ドキドキしながら、レンズ先端をタンク内部に挿入。

シーソー構造になっている芯上下機構を見ていきます。



不具合の症状として伺っていた、

ツマミを回して芯を上げていくと、あるタイミングでストンと

芯が下がってしまう原因、分かりました。

中はこんな状態になってました。





ネジ山が磨り減って、かなり使い込まれた様子が伺えます。



これだけでは分かりにくいので、ネジ山がしっかりしている状態と

比較してみてみましょう。



あのカットタンクの登場です!



これだけ磨耗してしまうと、修理の域は超えて、部品交換しかありませんが、

今の私ではお手上げです。



なんとかなるかも、と意気込んで中を覗いてみましたが、

残念ながら、なんともできませんでした。



それにしても、ここまで使い込まれたこのアラジン。

大往生と言ってもいいのではないかなと。

幸せなストーブ人生だったことでしょう。

お疲れ様でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #0105 シリーズ15に関わる2... | トップ | #0107 シリーズ#39のタンク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。