-アラジンストーブ 修理と販売- 暮しの道具とストーヴ『KEM-G』

各種石油ストーブのメンテナンスと在庫ストーブのご紹介などなど
(石油機器技術管理士の資格を取得しています)

#0111 ミニチュアアラジンを作ってみましたの巻

2017年04月16日 | 日記
桜が咲いて、とうとうストーブの季節が終わりました。

この冬もたくさんの方にお求めいただき、ありがとうございました。



この時期は去年も気が抜けてボンヤリしてたので、

今年は何かやらなきゃと、ずっと作ってみたいと思っていた

アラジンのミニチュアに挑戦してみました!



材料は革。

買いためてあるたくさんの革の中から、適当な厚みのものを選びます。



時間は十分にあるので、

手間と時間のかかる 積み上げ張り付け方式でスタート。





何枚も同じ大きさの丸型を切り抜いて、

積み上げて、張り付けて、まずはチムニーとタンクを作りました。





続いてフレームを手掛けます。


最初は針金で作ってみたのですが、どうしてもグラグラしてしまい

結局、断念。

これが針金フレーム。失敗作です。





気を取り直して、フレームも革で作ろうと再挑戦。

フレームのつなぎ目はヒモで縛って、なんとか完成!





高さ13cm。

ツマミと窓は小さすぎるので作らず。


それでも気分だけは十分に味わえるなぁと、自己満足。



このミニチュア。

骨董市に毎回持って行って、皆さんに見てもらおうっと。






さて、#15のお問い合わせをいただいておりました Iさん、

大変お待たせいたしました。


現在、手元にある#15を2台ご紹介します。


最初に#0137 アイボリーのデラックスタイプです。













油量計のガラスも濁りはなく、程度良好。

タンクの塗装に少しムラがありますが、遠目では気がつきません。

チムニートップのホーローに剥がれはありませんが、

チムニーつなぎ目には、ちょっとサビがあります。



次に#0138 こちらもアイボリーのデラックスタイプです。















油量計も問題なし。チムニートップも問題無いのですが、

こちらもチムニーのつなぎ目にサビがあり、窓周りにホーローのヒビがあります。

使用には全く問題はありませんが、見た目を気にされる場合は、

チムニーの状態はもしかしたら厳しいかなという感じでしょうか。



ウエイティングのお客様はいらっしゃらないので、

どうぞゆっくりとご検討ください。






今回の気になる写真。

大きな大学がある、とある街の中華料理屋さんで見つけました。



今迄に何人の若者がお世話になったのでしょう。

こういうお店、いいなぁ。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#0110 カルテ番号0043のシリーズ#15のご紹介の巻

2017年03月26日 | 日記
私は、扱ったストーブ一台一台について カルテ を作って、

どんな状態をどう整備したのか、記録を残しています。


そのカルテの番号が、管理番号 です。


普通は 1番から始まるのですが、

私はカルテをゼロ番から始めました。


まだこの仕事を始めて間もない頃、

実績も何も無い私にメンテナンスを依頼してくださった方がおり、

その方のストーブがニッセンでした。


初めて向かい合ったニッセン。

構造も分からず、本当に勉強のつもりで、

一つづつ部品を取り外し、磨き、また組み立てました。


お代をいただくことなど考えもしませんでした。


だから、ゼロ番。


今でもそのゼロ番をメンテナンスする度に、

始めたばかりの頃を思い出し、初心忘るべからず を

思い出しています。



なんだか今回は、カッコつけすぎですかね。





さて、タイトルにしたシリーズ15のご紹介。

管理番号は#0043。 私の所には2014年にやって来ました。






タンクの塗装の剥げが少しばかり目立ちますが、

この型式のタンクは真鍮なので、剥げたところは金色の模様になって、

独特の雰囲気を出しています。




正真正銘の Made in England。 H2201と印字されています。

まだ簗瀬の文字もありません。




油量計のアクリルも黒濁しておらず、

ハッキリと表示が見えています。








マイカは少しくたびれていますが、まだちゃんと中が見えるので、

敢えて交換はしていません。








この頃は、チムニー上部リングもホーローなんです。



さてさてこの#15、老化現象が最も出るのが、

以前のブログでも取り上げた 芯上下機構 です。


どの程度疲れているか、あの秘密兵器の出番です。







画像を見ながらツマミを回し、おかしな動きが無いか確認します。


このスネークカメラ、動画も記録できる機能付きなんですが、

ブログに動画を載せる方法が分からず、静止画でゴメンなさい。


診断の結果、ネジ山の磨耗も問題の無い程度であることを確認。

まだまだ仕事をしてくれそうです。




#15はデザインの良さが際立っているアラジン。

この魅力に取り憑かれると、もうアウトです。




兵庫県のNさん、いかがでしたか?

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

#0109 旧型ニッセンの相次ぐメンテナンスの巻

2017年03月19日 | 日記
旧型のニッセンをメンテナンスして欲しいという、

同業の方からのご依頼が立て続けに2件。


このところ、ニッセンはご無沙汰していましたので、

喜んで引き受けました。






どちらも、年式相応に疲れてはいますが、

致命的な症状は無く、磨き次第で十分に復活させられそうです。


もうシーズンも終わりだから仕上げはゆっくりでいいよと、

ありがたいご依頼。

花粉が収まった頃に手がけ始めましょう。





さて、皆さんお使いのアラジンの芯の周り、こんな事になってませんか?




冬が終わって、押入れにしまい込む前に、

せめて、この汚れだけは落としておいたほうがいいですよ。


この汚れ、ついたばかりの頃はまだ柔らかいのですが、

時間が経つと、どんどん硬くなって、落としにくくなります。


来シーズンに使い始める時にも、ここが綺麗だと気持ちいいですし。


落とし方は、ブログの#0090で紹介していますので、

参考にしてみてください。





兵庫県のNさん、お待たせいたしました。


#15のタンクカットモデル、あのネジの部分はこんな状態です。




金属が裂けて傷口が広がっており、騙し騙しネジを固定させても、

ちょっと力が加わっただけですぐに外れてしまいます。



そして、タンクの内側はこうなっています。




ここをうまいこと溶接できれば、ネジがダメになっても、

また使えるようになるかもしれませんが、

残念ながら、この部分には手が届きません。



という訳で、ここがやられてしまうと、お手上げなんです。

ご連絡お待ちしてます。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#0108 土曜日の浦和骨董市はもう春でしたの巻

2017年02月26日 | 日記
2月25日土曜日の浦和骨董市。

夜明け前の冷え込みは、まだまだ冬だなぁという感じだったのに、

お天道様が姿を現してからというもの、グングンと気温が上がり、

上着などいらない春の陽気に。



こうも暖かくなってくると、人間さまの気がかりは、桜の開花タイミング。

ストーブなんて、何処かに吹き飛びます。



悪い予感は当たるもので、

残念ながらストーブの売上はゼロで、時間だけが過ぎていきます。

なんとも、季節の変わり目を痛感します。



ところが、お昼近くに一人の旦那さんが現れました。

この旦那さん、来年に使うストーブを今から探したいとのこと。

ご希望を細かく伺って、今年の10月までに探しましょうとお約束。


こういうご依頼が、なんとも気分を明るくしてくれます。


さてさて、もう、ほぼ冬の終わりと言った感じですが、

まだまだ寒さの続く来週土曜日の桐生骨董市では、

アラジンの見切り処分大バーゲン! を予定してます。


一度はアラジンの気分を味わって見たい方、

廉価でもう一台欲しい方、

お早めにお越しください。

売り切れ御免です!





さて、#37のタンク移植をご依頼いただいたS様、お待たせいたしました。

候補となった二つのタンクの写真です。




奥のタンクがお預かりしたストーブのもので、

手前左が#16のタンク、右側が#37のタンクです。


#37のタンクには、ほんの少しサビがありますが、

実用には影響の無い程度です。


というわけで、写真をご覧いただく前にご注文いただいてしまいましたが、

#37のタンクを載せ替えることで、作業を進めます。


仕上がりましたら、ご連絡差し上げますので、

よろしくお願いいたします。













コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

#0107 シリーズ#39のタンクも切ってみましたの巻

2017年02月22日 | 日記
#0103では、シリーズ#15のタンクを切って、

中を覗いたお話を紹介しましたが、

せっかく手に入れた金切バサミをもっと使いたくて、

今度はシリーズ#39のタンクも切ってしまいました!





よくお客様から、#39のタンクは二重なんだよね と言われてました。

二重ってどんな感じ? と、いつも不思議でしたが

これで謎は解けました。


こんな感じです。





二重と言っても、ピッタリと寄り添うような二重ではなく、

洗面器の真ん中にビーカーを沈めたような二重でした。



面白いのは、そのビーカーから二本のパイプが洗面器に向かって突き出ていること。

上のパイプと下のパイプは、それぞれ役割があるのでしょう。


役割はいろいろと想像できますが、

機会があれば、本当のところを設計者さんに聞いてみたいなぁ。

一体、どんな知恵が詰まっているのでしょうか?



タンク右側の油量計の仕組み。

簡単だけど、ナルホド! です。



アラジンってとってもシンプルですが、

良く考えられていて、いつも感心しきりです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加