渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

才能

2012年08月31日 | 内的独白

ハヤシさん ─ Britain's Got Talent 2010(日本語字幕つき)


ハヤシさん、キターーーー!!!(^○^)

英国のスタ誕ともいえる番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出たハヤシさん。
日本人ではないのですが、ここでは頑張っています(^^;
掛け声が「ウィーッ!」ではないのかなと思って見ていたら、
途中から「ウィーッ!」をやってくれました(^^;
なんと、ハヤシさん、×をつけた有名な辛口審査員をも○にさせて
全員○評価で勝ち抜いてしてしまいました(^^;
ウィ~ッ!


こちらはオーストラリア版のゴット・タレントに出た人。
これはどう見ても、津軽三味線でしょ?(^^
じょんがら節だよ・・・・。
Tom Ward - Australia's Got Talent Audition 2011



路上でもかなりやります。
というか、こんなギター弾きが路上でやっていたら、絶対に立ち止まって聴くぞ。
Guitar by Tom Ward


これは英国版の同番組で放映された有名な場面。
ポール・ポッツさんの歌声。
冴えない男だったけど、歌だけが生きがいで生きて来て、歌を辞めようかと
決意するために「ゴット・タレント」に出場した。そして、腎性が変わった。
感動的です。


ポールさんと決勝で当たったのは、コニーちゃん6歳。
6歳でこの歌の心。まさに才能=タレントだと思います。

こちらは自宅録音で練習の動画。
これは昨年アップされたもの。
あ。コニーチャン、おねえさんになってる(^^)
Connie Talbot - Adele cover - Set Fire to the Rain


コニーちゃん、もうひとつ。
かわいいや(^^)
Connie Talbot Someone Like You Cover

すごくハスキーな声になってるけど。

この男の子もかわいいぞ(^^)
つーか、立ち方とかしぐさとか見ていると、女の子にしか見えん(^^;)
Ronan Parke - Britain's Got Talent 2011 Audition - International Version

両親もお兄さんも嬉しそうですね。

日本のスタ誕よりもこの番組いいなぁ。
だから、各国で海賊番組が作られるのか。
あ、スタ誕なんて今は知らない人ばかり?もしかして(^^;



最後は、映画『ボディガード』のラストシーンを。
今となっては、涙なくしては観られない。
また私たちは、
ひとつの才能と別れを告げなければならなかった。
君はここで歌った。
So, I'll go.
So, goodbye.

Please don't cry.
と。
だけど、だからこそ、君の歌を聴くと涙が出てくる。
さようなら、ホイットニー。
永遠に。
I Will Always Love You (film version)


この記事をはてなブックマークに追加

空と水

2012年08月31日 | アウトドア



こんなところで日本刀を造れるなんて、最高だよなぁ。
買い物大変だけどさ(笑)

空が広い。



近所には、こんなことできるとこもあるしさ(^^)

ちょい、きめたりして(笑
腰には.45(フォーティーファイヴ)のピーメがほしいとろこだ(^^

高校の時には八ヶ岳に合宿所があって、学年全体(7クラス)で夏期講習
とかするのだけど、通学用の革靴のまま登山させられたのには参ったぜ。
いくらなんでもあれは危険だろう。
軽いトレッキングのつもりなのかもしれないが、幅50センチ位の道で
眼下は断崖絶壁みたいなとこも通ったしなぁ。危ないよ、あれは。
山をなめたらだめだって、学校の先生たち(苦笑
今はしないのかな。


と言っても、今でも一番住みたいのは新宿区。それも早稲田だ。
近所の人も良い人ばかりで、とても住みやすい明るい笑顔のある街だった。
すべてのしがらみがないならば、私は西早稲田にもう一度住みたい。



この記事をはてなブックマークに追加

あっぶねー

2012年08月30日 | 一般



ノオォーーー!
ひとつ間違ったら死ぬよ(><)


この記事をはてなブックマークに追加

業界情報 ~小林康宏刀~

2012年08月30日 | 日本刀

関東の某刀剣商の方から本日私宛に連絡あり。

明日からの群馬での刀剣市に小林康宏刀が出品され販売されます。
初代か二代目か不明ですが、長さは短めの大刀、
販売価格はかなり
リーズナブルなようです。
(この日記での金額公開は控えます)。


興味のある方は、お問い合わせください。

日本レジン「コレクション情報」
(トップの出品目録にも記載あり)

なお、小林康宏刀の新作刀は現在は手に入らないようです。


この記事をはてなブックマークに追加

『実戦刀譚』

2012年08月29日 | 日本刀

『実戦刀譚』  (成瀬関次著/昭和16年刊より)

 奇怪萬字剣
 
 一に腕、二に刀

 
  刀には、元来戦争や武術と不可分の関係が特に切実なものだから、
 本当に日本刀を究めようとするには、どうしても真剣刀術(竹刀剣術に
 非ず)の領域まで踏み入れる必要がある。そうした事に通徹せずして、
 刀だけを云為(うんい)するという事は、
書画骨董の鑑賞玩弄と同じ事に
 なってしまうからだ。

  畢竟(ひっきょう)、刀を鍛錬造成する事自体だけが、日本刀の魂を
 つくる事ではなくて、帯佩の完備と相俟(あいま)って、使う人の魂とそれ
 のもつ神秘さとが合致して、はじめて日本刀そのものを生かす事になる
 ので、職業刀剣諸業者や、玩弄的愛好家の手にあるうちは、真の刀の
 魂は抜けているのだ。
  今は故人であるが、源良近という実用刀匠がいた。
  この人は最近まで存生していたが、刀剣家からは白眼視されていた。
  彼にはひとつの信念があって、従来の型に囚われず、洋鋼を使って、切
 れる事を専一に作刀した。だから、こうした一枚物(※)を打って、堂々と
 自己
の刀銘を切った。自分がここにこの刀の引例を出すのは、刀の切れ
 味の
解説に便宜だからであって、決してこの刀を、万全なものとして推奨
 する
のでない事を、特に断っておく。
  かつて五・一五事件の直後、宮内省の皇宮警守に、切れる刀をもたせ
 ようというので、島津公爵家から三十数振りの日本刀の寄贈を受け、当代
 日本刀の権威者として、国宝保存会の委員である小山田海軍中将その
 他が立ち合い、皇宮警察の剣道師範、中山博道先生が試し斬りをした。
  ところが、その中でよく切れたものはたった六振りしかなかった。
  そこで中山先生は、いっそ源良近の刀の方がいいとすすめたところが、
 中将は、それは洋鉄がはいっているからいかん、といって断った。
  中山先生も頑として所信を曲げない。洋鉄がいけないのなら、昔の南蛮
 鉄製の日本刀はどうです、兵隊の銃剣はあれは何です、と突っ込んだ。
  そこで、豚の死体に荒っぽい試しをした上でという事になり、先生はやや
 むっとして、切り柄もはめず、打ちおろしの刀の中心を素手で握ったままで
 スポリスポリと斬った結果は、相馬子爵家から贈られた十五刀よりも、はる
 かに成績がよかったので、さすがの中将も黙ってしまった。
  最後に、中山先生は、愛刀の居合い刀を揮って、十五、六貫もある豚の、
 腰骨から尻へかけて、ズウンと斬り放したので、小山田中将は思わず声を
 上げ、「肥前刀ですか」と座席から立ち上がってきいた。中山先生はにっこり
 笑って、「いえ、これも良近です。」と答えたので、居合わせた宮内大臣を
 はじめ、高官諸氏も思わず顔を見合わせ、一も二もなくこの刀が採用された
 のであるが、右の話などは、斬れること専一に打つ刀鍛冶の、こだわりのな
 い作刀とその切れ方、及び、腕のある人にして、初めて真の切れ味を試す
 事の出来る例話の一であり、また切れ味は腕から出るという状景も、これ
 で頷けると思う。
  中山先生は、当代日本一流の剣客であり、居合い物斬りにおいては現在
 における日本の最高峰として、その右に出づる者のない事は、周知の
事実
 である。

  この良近という刀は、戦地でもちょいちょい見た。前線の立派な上級将校が
 佩用しており、切れ味はたしかによいと皆いって
いたが、帰還してみると、
 刀剣家の多くはいずれも昭和刀(粗悪刀)扱いを
していた。
  水心子正秀も、帝室技芸員だった月山貞一も、宮本包則も、名刀匠の模作
 偽作をする事は容易であり、かつ売れもよいが、真の切れる刀を造る事は、
 六ヶ敷(むつかし)い上に、それだけでは容易に世の表面に出られないと
 いい残しているのから思い合いして、切れ味の神秘さにはまだ、刀匠の生活
 苦も織り込まれていて、一層に複雑性を加えている。
  良心の許さぬ作刀と、信念ある作刀との間にはさまった憂悶に加えて、
 貧のどん底にうめいた清麿は、ついに自殺の一途を選(えら)み、加賀の清光
 は進んで乞食小屋に収容され、そこで興の乗るままに物斬れ刀を打った。双方
 とも、その真作品は武用刀として珍重されているが、その生活はかくのごとき
 有様だったのだ。

※一枚物・・・無垢造のこと。成瀬氏の表現。


(源 良近)

『実戦刀譚』は『戦ふ日本刀』に続き、昭和13年から従軍軍刀修理班に勤務した
成瀬関次氏が昭和16年1月に刊行した書籍だ。
小林康宏初代・二代も、時代が時代ならば皇軍兵士の武用刀として珍重された

ことだろう。
1990年代中期までは東京を中心とした関東の一部の剣士の間にしか知られて
いなかった小林康宏だが、最近、インターネットの普及により武用刀としての人気
が全国的に高まった感がある。だが、現在でも、刀剣界にあっては不遇の評価を
与えられたままだ。現代の日本刀には、中山博道先生が昭和初期に指摘したような
本質を求められてはいないからである。
小林康宏初代は鬼籍に入った。二代目直紀康宏は活動停止中である。もう作刀
できない切れ物作者が多くいる。現代刀工であと何人、書画骨董を玩弄する人びと
の欲望を満たすためではない、刀としての本質を有した日本刀を作ることができる
刀工がいるのだろうか。私にはよく分からない。


この記事をはてなブックマークに追加

ニホンカワウソが絶滅

2012年08月28日 | アウトドア

ニホンカカワウソがレッドデータブックで「絶滅危惧種」から「絶滅種」に
指定変更となった。
1979年(昭和54年)に高知県の新荘川で生息が確認されて以来、
日本国内では生息が確認されないために「絶滅」と認定されたのだ。

大好きなウグイ(コイ目コイ科)をほおばる天然のニホンカワウソ

ニホンカワウソを初めて知ったのは4歳の時だった。
親に買ってもらった図鑑にニホンカワウソの写真があった。
「かわうそのおやこ」というキャプチャ入りで親子のカワウソが写っていた。
洋犬みたいな顔でかわいいと思った。また、モモンガにも似ているなと思った。
幼稚園の時の記憶だが、鮮明に覚えている。またその図録の各ページの内容も
よく覚えている。

ニホンカワウソ

ちょっとオヤジっぽい顔立ち。

こちらはイタズラ小僧みたいだ。


日本国内で自然界に棲むカワウソは絶滅した。
15年ほど前、西日本で一番汚染度が高い福山の芦田川
(河口に堰を設けたため汚染が一気に進んでしまった)で
ブラックバス釣りをしていて
「あ!カワウソだ!」と思った生物は
「ヌートリア」という
わけのわからん外来生物だった。ヌートリアは
西日本の河川で
大繁殖している。カワウソは耐性が低かったの
かもしれない。
ヌートリアというネズミのオバケのような動物は、岡山県を中心に
西日本で大繁殖して各地に転移しており、深刻な生態系破壊や
穀物被害等を生じさせている。海を渡って香川県まで入り込み
繁殖しているようなので、香川県も防除を呼び掛けているようだ。
イギリスでは深刻な穀物被害をもたらすので、大増殖したヌートリア
を長い年月をかけて害獣として対処して根絶させた。
カワウソたちは、お化けネズミほどは河川環境の悪化には耐えられ
なかったのだろう。


サヨナラ、カワウソくんたち。
なんだか寂しい。
赤塚不二夫先生のウナギイヌはカワウソがモデルだったのでは
ないだろうか。


(広島県安佐動物園サイトより)


この記事をはてなブックマークに追加

旬の野菜 ~茗荷~

2012年08月28日 | 文学・歴史・文化

暦の上では秋だが、まだまだ夏の旬の野菜が美味しい。
私はミョウガが大好きだ。
その好き度合いたるや、とんでもなく好きである。
野菜全般が好きではあるが、ミョウガだけは飛び抜けて好きだ。
ミョウガを食べ過ぎると物忘れをするという。
小噺にも
和尚「これ、珍念。かように茗荷ばかり食すると物忘れをするぞ」
珍念「はい、和尚様。空腹を忘れたいので食べております」
というのがある。

私は余計な浮世のことを忘れたいためというオチがある訳でもない。
単純に味が好きなのである。
ミョウガに目覚めたのは、新橋の小粋な日本料理屋だった。
そこは大衆店ではないが、超高級でもなく、一人1万程で済むので
1980年代には週に2~3回は職場の上司に誘われて通っていた。
個人的にもよく使った。予約を取らないと座れない。



大将とは気兼ねなく話せるのが高じて、よく喧嘩もした。
外に出て仲直りした後も「てめえ、いっぺん殴らせろ。おまえも俺を殴れ」
とか言うような大将だったが、料理の腕は確かで、私にとってはなくては
ならない店だった。何よりも味がよい。大将は日本海に面したところで
生まれた。

このカウンターには夜にはずらりと客が並ぶ。弁護士が多い。
予約を入れないと座れない。
私たちが行くのは大概は月・水・金だった。
店がハネるまで居て、大抵は大将と女将さんを連れて次の店に
カラオケや食事に行った。80年代は互いに若かった。

「何が好きか。何か他に食べたい物は」と尋ねられ「白菜のオシンコが
食べたい」と言うと、店のメニューにはないのに、私の為だけに次回からは
白菜の漬物を用意していてくれるような大将だった。それも一通りの
料理が終わる頃に出てきた。板場から女将さんに大将が小さな声で言う。
「これ、○○さん(私)が好きだから出してあげて」と。
嬉しい心だ。
そして「心根は味に出る」というのをこの店で私は教えてもらった。
大将とゆっくり飲んだ時に彼が話してくれた。
「どうしたら『美味しい』と言ってくれるかと、毎日そればかり考えている」と。
彼は芯から包丁人である。
新橋界隈は腕の確かな板前がいる店が多く、かなり食べ歩いたが
この店はお奨めだ。とにかく美味い。料理に細心の心を込めている。
よい店だと思う。
この店で、魚の焼き物に添えられるのがミョウガだった。
細長い物が二本添えられる。
ミョウガだけ食してもたいして美味しくないのだろうが、焼き魚と
ことのほか合った。
それからミョウガが大好きになった。



「北庄」で魚に添えられていたのは細長いミョウガだった。


ミョウガの色はなんともいえない可愛らしさがある。プラムみたい。


我が家では「そうめん」には薬味としてミョウガを欠かさない。
細く短冊に切ったミョウガをネギと共に汁に入れる。
今ではミョウガなしのそうめんは考えられない。

冷やっこにもミョウガを乗せる。
ことのほか美味い。

醤油はサラリとしたムラサキに限る。

考えてみると、我が家の家紋は茗荷だった。


ただ、私個人としては家の古い替え紋も使ってみたいと思ったりもする。

              理由:ワイルド・ギースの紋だから(笑)

茗荷は「冥加」に繋がるということで、武家のみならず神社仏閣にも多用されて
きたようだ。茗荷紋は日本六大家紋の一つに数えられている。

刀の鍔でも茗荷紋の鍔のデザインを時々見かける。

笹じゃないの?とか思うが、説明書きでは茗荷らしい。

これはすぐに茗荷とわかる。


こちらなどはかなり凝っている。




極めつけはこれだ。

茶筅茗荷雁金図の透かし鍔(赤坂)。
うちの家紋の二つが意匠化されているという鍔だ。欲しいなぁ。
現在売り出し中。157,500円・・・・。買えまっしぇん(笑

まだまだ美味しい夏野菜のミョウガ。
そうめんが食卓に並ぶときには、是非薬味としてご賞味ください。
おいしいよ。(^^)v
   

茗荷ってさぁ、英語で米国人の友人にファミリー・クレスト・マークを
説明する時に困ったよ。ジャパニーズ・ジンジャーとか適当なこと
言っておいたら、あとで辞書で調べたらその通りだったので笑った。
英語の固有名詞はないみたいね。


新橋といえば、市川染五郎さん、舞台で奈落に落ちて大けがして
新橋演舞場での公演が中止になったね。
死ななくて良かった。
御快癒を祈ります。


この記事をはてなブックマークに追加

足袋(たび)

2012年08月27日 | 文学・歴史・文化

 

 
 


名和先生の時代考証事典等の書籍を読んでも小笠原先生の有職故実の
手引書等を読んでも、特に武家礼法では足袋についても厳格な決め事が
あったことが分かる。


ネット情報でもそうしたことは公開されている。
(以下引用)
 「現在見かける時代劇では、武士は漏れなく足袋を履いているが、
  当時の武家の間には江戸時代以前と同じく足袋の使用に関する
  厳しい規定があった。
  その規定の内容は、足袋を用いることができ
るのは50歳以上の
  もので、それも10月1日から2月20日の間と
規定され、例え病気
  等で足袋を用いるとしても“足袋御免”と呼ばれ
る主君の許可を得
  なければならないという厳しい制度があった。

  また大奥でも、足袋を用いる事のできる期間が厳格に定められ、
  有職家により装束について解説された書においても、「武家は礼装の
  際素足である」という事が記述されていた。
  このような制度は、木綿
足袋が普及し、容儀を整えるために足袋を
  用いるようになると共に
有名無実化していったと考えられるが、足袋
  御免の制度自体は文久
2年(1862)年の武家服制改革まで存在し
  ていた。 」  (引用:
足袋の歴史  メイン:足袋博物館

つまり、武士はハダシが多かったということだ。

いや~、これ意外。知らなかった。


この記事をはてなブックマークに追加

犬の散歩

2012年08月26日 | ポチたま

犬との散歩は犬だけでなく人間も楽しい。

眠っていても、「ごはん」という言葉を発するとパッ!と飛び起きる。
「スワレ」、「マテ」は完璧に覚えた。
食事の後は散歩に行く。
まだチビなので、家の前にある大学附属校の正門まで。

エントランスを降りたところ。動き回ってピントが合わない。


少し坂を下ると・・・。最近外ですることをやっと覚えた。


散歩帰りの図。エントランス階段下でちょいと一休み。


自動ドアが開くのを待つ。話しかけると注目する。(話しかけ大切)


呼ぶと振り向く。


帰りのエレベーターの中でも興奮さめず。


嬉しそうである。


家に帰ってから、足と体を洗う。
バスルームに行くと、まず蛇口で水をゴクゴク飲む。
体洗ってから拭いて部屋に戻ると、しばらくは部屋中を走り回る。
クールダウンラップのようなもの?
そして、オモチャ箱から自分でオモチャを出してひとりで遊ぶ。
「遊んだらちゃんと片付けるのよ~」と妻は犬に言う。
それは無理だべ~(^^;


しばらくすると・・・・寝る(^^;



きょうは、飼い主は朝からバイクで近場(30km圏内)を結構走り回った。
久しぶりで面白かった。
走るの面白くて写真は撮り忘れたので、ないっす(^^;



この記事をはてなブックマークに追加

本日晴れ

2012年08月25日 | 外出・旅

本日、朝から会社の若い者と鳥取に出張。


晴れ。
いや~、外は暑い。とても暑い。
空は、まだ夏の雲である。

『俺は清麿』の表紙みたい(^^

本日の昼の月。鳥取にて。


仕事を終えての帰路。爽秋ならぬ相州伝の刃文のような雲。



面白い形の雲だ。白くぼやけているのはワイパー液噴射した車のウインドウの滴です。


こちらの空には飛行機雲が。


すごいものを見た。
朝日が旭日旗のような光を放つのは見たことがあるが、
こんな夕日は初めて見た。思わずシャッターを切った。
雲と光が織り成す仄かな感動を運ぶひとときの絵だった。
光の大きな手が雲をすくっているようにも見える光景だ。


下の雲は、ワンコが口から炎をはいているような雲。
う~ん。犬だこれ(^^


お土産はこれだ。

岡山の桃太郎とまとノンオイル・ドレッシング風。
ホットサンドの野菜と生ハムにかけたら最高です。
ちょっと辛め。
娘が好物なのです。


家に着いたら、海の上の空にUFOの編隊来襲!
よく見るんだよ、UFOは(^^


大型UFOも接近。


すると爆発音が。空爆か?


花火やろうもんが(笑



なかなか美しい。きょうは三菱重工の花火なのです。


花火が終わると、今宵の月が見えた。半月だ。


次の満月は中秋の名月か。
秋である。

本日の走行、580km。
職業運転手みたい(苦笑
ちかれた。



この記事をはてなブックマークに追加

中国の企業幹部が「尖閣諸島は日本領土」と発言 賛同広がる

2012年08月25日 | 時事放談

(産経新聞から)




歴史捏造を直視しただけ偉いと思う。
というか、当たり前のこと。
韓国政府、韓国人民も見習ってほしい。


この記事をはてなブックマークに追加

ナイフのメンテナンス

2012年08月24日 | 刃物

お中元の季節はとうに過ぎたが、日中、取引先にお届け物廻りで訪問。
ある取引先の整備工場でくつろぎ雑談タイムの間に、ナイフのメンテナンスを
した。
購入から1ヵ月以上が過ぎ、ウッドハンドル部分が伸縮して変形し、ボディから
はみ出て来てしまったからだ。
しかもトンガッテいる部分なので危険。
トルクスレンチでウッドハンドルを外して、800番のペーパーでならしてから
再度組み込んだ。

バッチグー(死語)である(^^)v


私のと同じのを買い求めた友人御二方。
しばらくすると「木が動く」から、ばらしてすり合わせした方がいいですよ~。
まあ、なんというかウッドハンドルの宿命かな。
充分にシーズニングしていても木は動くからね。
日本建築の大工さんなどは、その動きを読み切って家を建てるんだよ。
匠の眼力と技術って奥が深いよね。


今宵の月。半分の月なのに、携帯で撮影すると丸く写ってしまって残念。


この記事をはてなブックマークに追加

数の数え方

2012年08月23日 | 文学・歴史・文化

さる有名な方のブログで、外国人の方の空手段位の証書で日本語表記
で面白い誤記(というよりも全く日本語になって
いない記述)があったのを
紹介されていた。
何をどう間違ったのか、成績(?)認定証書には日本語で、「買い物メモで
ありません」と堂々と書かれている(^^;
これは正しい。賞状や証書は買い物メモではないから(^^;
ブラックベルト(黒帯)の段位と思しき部分は「京1程度」と記載されている。
すごい。たぶん大会の「初段の部 一位」という意味なのだろうが、一気に「京」
(ケイという意味ではないだろうけど)になっている(私のこじつけですが)。

冗談はさておき、はてと思い、日本語における数の数え方を
おさらいしてみた。
通常日常的に使う単語は上に向けては一から始まり兆までだろう。
兆の上は「京(けい)」である。
先ごろ開発された世界一の解析速度を誇る日本のスパコンは「京(けい)」と
いう名称だった。このネーミングは「1、10、100・・・沢山」みたいなイメージの
ネーミングだろう。


一を基準に大きい側の数の単位は以下の通りだ。

 【数の単位 一<】


とのことだ。
では、一より下の単位はというと以下の通り。

 【数の単位 <一】


まあ、数学的な概念はともかく、日本刀などの世界では「分」「厘」の単位は
長さの単位としてよく使う。場合によっては「厘」の下の「毛」まで使うこともある。

一般的には「厘」までだろう。銭金勘定でも「分」や「厘」は使うよね。
「涅槃寂静」なんて完全に仏教用語だけど、大きい単位よりも小さい
単位の方が仏教用語が多いのが興味深い。
仏教については独特の数の勘定法があるよね。有名な信長が舞った時の
「人生五十年 下天のうちにくらぶれば」の「下天(げてん)」とは500年
のこと。


ということで、数の単位のおさらいでした。
中一の時のクラスメートに妙な奴がいて、入学直後の理科の初日の
時間に「数の単位」の話題になった時、大きい単位を「一」から「無料大数」
まで答えていた。何が楽しくてそんなこと小学生の時に覚えていたのだろう(^^;
一種のヲタのハシリかも知れない。でも、そいつの姉さん可愛かった(笑


この記事をはてなブックマークに追加

ナイフの使い勝手

2012年08月21日 | 刃物


(2012年8月21日 午前7時20分撮影)

この夏はこいつをかなり使い倒した。
当然、自分で研いでいる。
洗練されたシルエットもデザイン的にそそるが、なによりも使いやすい。
実用日本刀は切ってみないと斬れ味が分からないが、ナイフの場合も
使ってみないと善し悪しが分からない。ナイフの場合はハンドリング性が
良好かどうかが
重要なポイントになってくるからだ。
そして、やはり刃味がどうであるのかが決め手になる。
どんなにホールド感が良くてデザインが洗練されていても、切れないナイフは
ナイフとして存在の意味がない。
このブローニング・モデル277はよく切れる。(鋼材不明だけど・・・)

このブローニングを地元の撞球仲間に見せたら、俺も買おう、ということになって
2名が即行で手に入れた。
いい年した野郎同士でお揃いのナイフというのも妙だが、良い物は良い。
値段は関係ない。

コレクションでナイフを集める人もいるが、私の場合はほぼすべて使う。
いってみれば実用刃物である包丁のようなものとして接している。
包丁も使えるのと使えないのがあるからね~。
よく考えて作ってくれないと、まったく使えない。
刃物とか料理とかって、作る側が一人よがりの自己満足だと、まず滑っちゃうんだよね。
お笑い芸みたいなもんか?

包丁と料理といえば、この人、料理がかなり凝っていて、美味しそうなのを作る。
     
息子さんが生まれて、最近ショートカットにしたけど、かわいいね。
バカっぽいキャラ演じていたけど、高校の時に英検2級取ってるし、
東京六大学だし、ほんとはアホちゃうねんて(笑
一番最初はガラガラ声のおばさんキャラだったのが、パッと時代を
読んで不思議キャラを演じて当たって、あとは実業家(笑
なかなかしたたかだけど、気持ちがこもった料理を見ていて
なんだかほっとする。
まあ、他人なんで関係ないのですけど。
ショートカットがかわいいのでちょっと驚いた。この人のショートカットを
見るのは12年ぶりどす。


この記事をはてなブックマークに追加

『ルパン三世』といえば

2012年08月20日 | 映画・ドラマ

実写版ならコレ!



んなわきゃない(><)
舐めてんのか、これわっ!

ところで、イタリアのファンが作ったルパン三世のPVが話題になっている。

ルパン三世 実写 LUPIN III The fan-movie
 

(埋め込み版で観るよりも、埋め込み画面の題字クリックでyoutubeに飛び
 youtube大画面でご覧になったほうが面白いかも、だぜ<戸田奈津子風)

よく頑張っているほうだと思うよぉ。
日本のしょ~もない映画よりもずっとよくできている。

五エ門はもっと細面の切れ長目の人使った方が良かったとは思うが、イタリアで
細面の切れ長目の日本人
めっけられなかったのだろう。東山くんみたいなのは。
特に不二子ちゅわ~んの部分的な豊満さとかは日本人では無理があるし、結構
アニメ版をよく研究して作っていると思う。

ルパンがベッドに飛び込むシーンもよく再現されていてグッドだな。
たいへんよくできました。
    


ところが、今春すでに報道済みだが、日本で実写版『ルパン三世』が製作される。
来春に公開だそうだ。

峰不二子役は沢尻エリカ様で決定しそうだったが、急きょ長澤まさみに決定した
らしい。
こちら

え~?長澤~?
全然イメ~ジ違うよぉ・・・・。
だって不二子ったら、これだよぉ~?

「ねむれナイト コルポグロッソ」のCin Cin ガールのおねーちゃんたちの
ようなイメージだぜ(すまん。マニアックなオヤジネタで)


う~ん。でも俺はファースト・シリーズの不二子が好きだな。

いいぜ!

ちょっと、サイボーグ009のフランソワが入ってるよな。時代だねえ。

だって、1stシリーズの放送は俺が小学生の頃だぜ(笑

で、来年の春に公開される実写版『ルパン三世』の配役は・・・

小栗旬だって・・・。


妻夫木聡だとさ・・・・・・・・。


松田龍平でござるそうな・・・・・・・・・・・・・・・・・。


阿部寛だそうです。
『テルマエロマエ』での怪演がここでもハマればいけるかも・・・。
できれば『ワイルド7』で八百の役やってほしかったけどな。
で、飛葉ちゃんは織田祐二しかいないだろうと思っていたけど・・・。


しかしなぁ~。
配役見たら、キャストでの集客狙いがみえみえだなぁ。
大抵、大すべりするんだよね、こういうキャスティングは。
どんな作品になるのかな。

まあ、この二人のからみが一番の見所なんだろうけどさ。


藤原紀香さんは「ルパン三世が実写化されるなら、絶対に私が峰不二子を演る!」と
かつて公言していたけど、ちょっとお年を召しすぎたかもね。
でもね~、ルパンの1stシリーズの設定からすると、ルパン三世はもう70歳過ぎなんだ
よ~~ん(笑)。









この記事をはてなブックマークに追加