渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

映画『カサブランカ』

2003年09月27日 | 映画・ドラマ

映画『カサブランカ』を独りでじっくりと観た。
ともするとイルザというキャラが沈んでいるようにも思えるイングリット・
バーグマンの演技の持つ透明感は何だろうと、ずっと疑問だった。
DVDの本編付録の解説によって僕の疑問は氷解した。
本作品は脚本が撮影中に何度も書き直しがされたのは有名な話だが、実は
彼女には最後までボガード演じるリックと結ばれるのか、夫であるビクター
(ポール・ヘンリード)について行くのかが知らされてなかったのだそうだ。
何度も彼女は製作者に結末を尋ねたが、撮影中は「あくまで、中立の立場で
演じてくれ」と言われていたという。彼女自身は後年までこの作品が「名
作」とされる理由が理解できなかった、と彼女の娘のローレン・バコールは
語る。
作品を改めて観ると、台詞のひとつひとつが「気障」と喧伝されるようなも
のではなく、とても含みの深い台詞ばかりと気づく。
僕にとっての焦眉は、ボギーの「格好よさ」とかバーグマンの「美しさ」など
ではなく、自己犠牲の生々しい魂=愛のやりとりだった。
それは、1942年という製作時期・世情がこの作品の背景に厳然と存在して、
その中での男と女、人と人の巡り合いと行く末、絶望と希望と行動が描かれ
ているからだ。
ナチスにより国を侵され、人が冒されていく。
そして、力により踏みにじられた人々の中に蓄積したレジスタンスが作品の
中に一本の柱として存在する。そこで、決して口には出さないが、人として
真に求め合うものの共同意識がふつふつと地下水脈のように息づいており、
希望にどう向かってどう身を振るかが登場人物たちには迫られるのだ。
むろん、世界情勢とは無縁な孤島の楽園での寝食色恋物語ではない。
「生きる」ことにも「恋する」ことにも命懸けでなくてはならない時代。
作品が製作された時代が時代なので、舞台設定・背景が実にリアルなのだ
が、それがおどろおどろしく感じないのは、視覚映像を撮らせたら随一だった
カーチス監督の手腕でもあるだろう。

DVDには戦後のアメリカでのTVシリーズの映像もついている。
これはさすがに戦後直後。映画作品とは全く空気が違っていた。
大戦中のレジスタンスの心を登場人物の背景に置いたものではなく、いわゆ
るアメリカ国家主義的作品だ。
こちらは、まるでネイティブアメリカンを襲う騎兵隊に拍手を送る人々が喜
びそうな仕上がりである。


この記事をはてなブックマークに追加

往復書簡

2003年09月17日 | 内的独白

最近は電子メールが流行りなので、手書きの手紙などあまり書く場面は少な
いのかも知れない。
まして、ありきたりの時節近況報告の挨拶で交わす手紙でなく、友人や恋人
と真剣な思いを交わし合う手紙や、大昔流行した「交換日記」などは、もう
死滅したのかと思っていた。
ところが。
最近、小2の娘が交換日記をしている。
相手は同じマンションに住む同級生の女の子だ。
ある日、玄関のドアノブに見慣れぬ手提げ袋がかけてあったので、娘に
「これなぁに?」と尋ねたところ、朝夕、お手製の手提げ袋に交わす日記を
入れてドアノブのところに下げておくのだそうだ。
娘の学校でもパソコンの授業がもうすぐ始まるらしい。
クラブ活動でもパソコンクラブに人気があり、小学生同士で電子メールの
やりとりがさかんなのだと聞く。
娘に、なぜ交換日記なの?と尋ねると、
「自分で書いた字がいいから。それに、自分で書くと絵や字が自由に書ける
から」
という返事が返ってきた。
そして、「メールって、パパがよく言ってるけど、消えちゃったりするんで
しょう?」とも。
ふぅむ。たしかに。
利便性によって失われたものをふと子どもに教えられた気がした。
消したりコピーしたり、電子メールは自在にできる。
いかにも今様だ。
けれど、そうした面だけで電子メールのプラス・マイナスを捉えることはで
きない。
言語を介して瞬時に相手に意思を伝える、とりわけその瞬間の感情を伝える
という場合、伝達時間の短縮が命の情報交換として、その存在価値が最大限
に発揮されるからだ。
それに、やはり、要はそれの使う側の内実如何で、電子メールは生きたり死
んだりすると思われる。

僕は人と真剣なやりとりで交わした過去の電子メールを保存しておき、とき
どき読み返す。
すると、現在進行形とは違った面持ちが相手の文章の行間から読み取れたり
する。真剣で一所懸命なひたむきさに打ちのめされたりする。
このとき、僕はどういう対応をしたのか。ぞんざいな返事で困らせたりして
いなかったのか。
人と人との関係はどんどん変化していくものだろう。
それはよい方向に進んでも、悪い方向に進んでも、時の中での凝縮された感
情を人は忘れがちになっていく。
僕にとって、保存してある電子メールは、忘れかけていた心を思い出させて
くれる、大切なタイムカプセルなのだ。


この記事をはてなブックマークに追加

ようやく月を見た

2003年09月14日 | 内的独白

中秋の名月を見た。
この夜、昇り始めたころの月は、雪洞のようにうっすらと仄かな橙色の柔ら
かい光を届けていた。
腰のナイフを抜いて、ススキを一本だけ山からとってきた。
部屋の中でささやかにお供え物をした。
落ち着いた夜をとっておきの酒と共に静かに過ごす。
おだやかな時間がゆっくりと過ぎて行く。
ほどよく酔いがまわった頃、少し夜風に吹かれてみようと山あいのつづら道
を散歩に出てみた。
ほんのそこまでと思っていたのに、どんどん歩いて行き、気がついたら
随分と歩いてしまっていた。
自分の足で歩いて行くことって大変だな、と今更ながらに知った。
そして、振り返ると、けっこうな距離を歩いたことに気づく。
このまま、夜露に濡れながら月明かりに抱かれて、ここで寝てしまおうか。
だって、歩いた距離だけ戻らなければならないもの。
月がとっても青いから遠回りして帰るつもりでもなかったが、だいぶ歩いた
ぞ。
けれど、帰り道はゆっくりと、月明かりで足元を確かめながら、そして、
途中で月を眺めては休んで、時間をかけて戻ってきた。
月はその間、雲の合間に隠れたり、顔を覗かせたりしながら、ずっと僕を見
つめていた。
日によって表情を変えても、雲によってときどき隠れても、月は、いつまで
も照らし続けてくれる確かさを、そっと僕に教えてくれた。
ヒュルルルルルルル・・・・
気がつけば、虫の音と吐息だけが聞こえる、そんな優しい夜だった。


この記事をはてなブックマークに追加

われらの旅立ち

2003年09月04日 | 音楽

君が気に入ったなら この船に乗れ
いつかなくした夢が ここにだけ生きてる
どこへ行ったのか かわいい野の花は
どこへ行ったのか やさしい魂は
君が生きるためなら この船に乗れ
いつかなくした夢が ここにだけ生きてる

(「キャプテンハーロック」のテーマ曲より)

 

キャプテンハーロックTV版ED フルバージョン


この記事をはてなブックマークに追加

家紋のおはなし

2003年09月01日 | 文学・歴史・文化

家紋。
摩訶不思議なるこの文様。
手元にあるモノノ本によると、人々が群居して生活するとき、自他を識別す
る必要が起こったのが紋章の発生という。
姓氏や苗字は音声で名乗るが、時間的に瞬間的な伝達以外、つまり遠くへ伝
達するには第三の媒体が必要とされ、そのために旗や紋章が考案されたそう
な。
思うに、僕や少し前の先輩たちが学生の時に戴していた被り物の色分けも、
そうした旗指物に限りなく近いのでは、と感じてしまう。
しかし、家紋は「家」の概念を表す。
市井の「家紋帖」には、大抵が、いわゆる「名家」のなるものの紋が載って
いる。
いわゆる江戸期旗本や大名家、公家が「名家」とされる。
面白いのが、苗字だけで現在10万種類を超えているのに、家紋は幕末期でも
6000種くらいにとどまっていることだ。
これとても、西欧のそれに比したら目が回りそうな数なのだが。
着目したいのは、なぜ「家」の象徴であるのに、「家」を便宜上表す「苗字」
の数と比例しないのか、ということだ。

「変え紋」というものがある。
「家」には、ひとつの紋以外に使用する家紋があった。
私事で恐縮だが、僕の家は「丸に抱き茗荷」が現在の表紋だ。
しかし、今は伝えるところの「向い雁」や「花菱」の別紋は使用していない。
「抱き茗荷」については、かつて戦国時代、長宗我部の猛攻により阿波白地
城を追われ、瀬戸内海を渡り、安芸国三原(一部備後)という土地に落ちる
以前、うちが大西という苗字を名乗っていた時分の変え紋「茗荷立ち合い」
の変形が後々に使われたのだろうと思う。

然るに、一家でいくつかの紋所を持っていたとしても、苗字と家紋の数が符
号しないのはどうしたことか。
また、関東と上方以西では習慣が違うが、「女紋」というものも現存する。
関東では、嫁入りした嫁は嫁入り先の家紋をつけるが、西国では女性は嫁い
だ後もずっと母系の紋をつける。
江戸期、女性は正式には嫁いだ先の苗字を名乗らず、旧姓(苗字)のままで
あったのは意外と知られていない事実だが、これと似たような意味での
「夫婦別姓」的現象が家紋の世界で残っているのは一考に価する。

考察の答えをここで出すのはよそう。
結局は個を捨象する「家系」なるつまらんものの象徴であるからだ。
眠狂四郎は、家から捨てられたことに反発して無頼の徒になったのに、なに
ゆえ紋付を着るのだろう。


この記事をはてなブックマークに追加