渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

名著『焚き火大全』

2015年12月30日 | 刃物



これを書棚から引っ張り出してまた読んでいる。
10数年前に購入した単行本で、かな~り内容が濃い。

まあ、焚書はよくないが焚火というのはいいよな。
と、趣味者同盟焚火派(たきびは)だったあちきは思うのである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木こりの仕事 | トップ | 映画はモニターでなくスクリーン... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL