渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

夏の装い ~パナマ帽~

2017年07月15日 | ファッション

刀剣仲間の友人が通勤でパナマ帽を被って出社した。
エレベーターの中では「誰?」という感じで会社の人も気づかな
かったらしい。
オフィスでは自分のデスクの後ろに帽子掛けがあるという。
ひゃ~。大手外資系の会社はカッコいいすね~。映画かよっ(^^;

仕事があがってからは、パナマ帽で銀座に出たという。
「今の時期、銀座はパナマ帽が多いですね」とタイムリーに連絡が
あった。
さすがザギンだぜ。明治大正時代からオサレな男女が歩く街だ。


友人はブルージーンズやその他のパンツにも合うようにカラード
のサマーハットも買おうとしているようだ。
色合わせとか、結構難しそうだなぁ・・・。

でも、おいらは普段から着る物や被り物はあるもの着用で済ます
という、かなりテケトン(笑)。
これは先々週あたりのワンショット。鞄買っちゃったよ~、てやつね。
夏に帽子。これ実用面でも必須だす。野球で選手が帽子被らないと
あれみんな死んじゃうと思う。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刃物についての見識 | トップ | 修心流居合術兵法 刃筋確認 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL