渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

時代拵

2017年05月11日 | 日本刀



時代拵が付いた古刀脇差。
拵は幕末あたりだろうか。
その拵に合わせて後輩は大刀の拵をまとめた。
ああ、そういうのもありかなと私は思った。

左:新作現代刀(康宏) 右:時代拵(無銘脇差)


上:時代拵 下:新作現代刀


鍔は奈良派と銘あり。蝉しぐれの鉄地部分には放射状の
彫り。かなり細部が技巧的な作で、色金の使い方がなか
なか良い。いい鍔だ。


武家の時代、大刀(だいとう)という刀は屋内では必ず
脱刀していたものであり、常に帯びたのは小刀(しょう
とう)だ。
大刀の副え差しだから脇差と呼ばれた。
私見だが、大刀も大切だが、常に帯びる脇差こそ選択
吟味が大切ではなかったろうか。そんな気がする。

ただ、大刀と同じで、脇差もどんどこ長さ規制とかが
されてね~。
幕末頃には一尺ちょいの長さまで縮められてしまった。
まあ、それはそれで可愛いのだけど、江戸期なんてのは
可愛いとかって関係ないから(^^;

江戸初期でこれほど短いのは、深作監督、時代考証は
いかがなものなのでしょうか。
まあ、でも柳生連也の鬼の包丁が一尺三寸六分という
かなりの短さだったから、アリなのかな。この人柳生
但馬守だし。萬屋先生は但馬守が一番ハマり役かも。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 負けイクサの歴史 | トップ | 武士の約束 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL