渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

ヤフオク

2016年10月15日 | 内的独白



ヤフオクでは日本刀は買わないが、刀装具の時代金具や軍装品
などの小物を買うことがある。

今、かつて経験のないほど横柄な奴と取引している。
あれだね、文章に性格ってのは出るね。
ヒストリカルゲームやってる奴らが性格最悪の連中ばっか
というのは昔から熟知していたが、今さらながらだが、とんでも
なくムカつく野郎だ。

俺の友人と「ヒストリカリストたちは性根がよくないよな」なんて
話をしていたら、脇から別なメンバーが体験談を教えてくれた。
ベトナム戦(通称ナム戦)の装備でサバイバルゲームに参加
していたら、ヒストリカリスト(面倒だから以降略してヒトラーと呼ぶ)
が「そのベルトは違う。〇〇年装備だから、ベルトは〇〇の△△
式の××でないとおかしいじゃないか。ベトナムを舐めるな!」
と彼に言ったという。
はあ?だ。
俺からしたら、てめえベトナム戦争をタイムリーに知っているのか、
と。
しかも、お前は戦場に行ったことがあるのか、と。
行っただけでなく、
実際に戦闘に参加した経験があるのか、と。
戦争を舐めるな!このたわけめ!と私だったら言いたい。
友人は歴史再現ゲームに参加していたのではないのにヒトラー
からそう言われて、やはり「はあ?」と思ったという。


ヤフオクで今取引している奴もヒトラーだと別サイトにて判ったが、
なんでヒトラーたちってのは、ああまで俺様大将ぶっくらこいて
いい気になって偉そうな態度なんだろう?
やり取りとそのショップを公開することは憚るが、読んだらまじで
ムカつくと思うよ(笑

慇懃無礼というか、てめえ中心で物を話してるんだよね。しかも
言葉は丁寧ながらすんげえ横柄で強圧的なのね。
性格出てるよお~(笑

ヒトラーたちてのは、戦争ごっこ(本当のごっこ。サバイバルゲームでも
ない。ただ集まって戦争再現して喜んでいる集団)する軍装マニアしか
友だちいないんじゃないの?
というか、たぶん、彼らは彼らの集まりの中でも友だち同士でもなんでも
ないのではと思う。一時そういうとこに触れてみて実際に思うもの。
ヒデムカズヤ(今は名前の頭を変えている)とはとても気が合ったけど、
彼なんかは明らかにガンチューナーであり、ヒトラーじゃなかったからね。

俺様の持ち物自慢、上っ面の知識自慢みたいなのばかりなんだよね、
ヒトラーってのは。

かといって、本式の本格的な軍事知識や思想や哲学など一切ない。
根っからの大ニセモノってやつね、ヒトラーたちは。

アホちんのサバゲーマーのほうがずっとすっきりしているよ。
まあ、ゲーマーもあまりほめられたもんじゃないけどね。
ゲームの形態は戦争コスチュームそのものなので、忸怩たるものを微塵
も感じないとしたら、やはりこちらも根っからのアホだし、ヒトラーたちと

変らない。
中にはいるんだよ。自分たちのやること(サバイバルゲーム)は正義だ、
みたいに思ってるのが。ただの趣味に正しいも正しくないもあるかっての。

だから、ゲームでも運営とかについて意見を述べると、「馬鹿にされたと
思った」(ママ)とか言って水面下で排除排撃の根回しをしたりとかね。
そういう馬鹿が岡山にはいた。リーダーは骨のあるよい漢だったけど、
取巻きが最悪だったね。ネチネチグダグダと陰で。中にはたまにいい奴
もいたけど、リーダーはタマは太いが繊細なところもあって、そういう馬鹿
な周囲の連中に完全にイニシアチブ乗っ取られて押し切られた感じが
あったね。

基本、岡山県人は元来骨の髄まで性根が悪いから、まあそういうことは
普通なんだけどね。リーダーは岡山県人の血筋ではなかったけど。

とにかく、武術界や刀剣界にも多いけど、どいつもこいつも偉そう大将
決め込んでて、イタすぎでつよ、と。

この性格の横柄さというのはどこから来るんでしょうね。
一つは親から受け継いだ血というものだろうし、もう一つは土地柄で
集団的に醸造されるものというのがあるように思える。
怒りっぽい性分とか笑い上戸とか、そういうのと同じで、根っから性根が
悪い人間てのはいるんだよなぁ・・・。まか不思議。
昨年目黒で飲んでる時、隣にいた小説家と話をしたけど、そいつも「今時
こんな大馬鹿がいるのか?」というくらいに性根悪い奴だった。人に上下
をやたら付けたがるのね、そういう奴。「一流」とか「エリート」とか「上流」
とかそういうことをやたら言うの。
どうせ書いてる作もタコだろうと思って読んでみたら、やっぱりとんでも
ないタコだった(笑

定式が見える。
「偉そうにしている人間にろくなのはいない」

ただね~。本人は偉そうにしているつもりはなくても、そういうのって、
出ちゃうんだよ~。
恐ろしいですね~。神の采配ってやつは。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元祖岡田奈々 | トップ | 男だって柄物を着てみたい!... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL