渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

本性を現した仮装珍劇団

2017年07月16日 | 溶解情報

新規格「コスプレ体験会」。
本性を現した仮装珍劇団。

元々仮装が主体の団体であり、伝統古流武術とは無縁の集団で
あるので、こういう流れはごくごく普通の当然のこと。
女装したキモオタが刀を振りまわして動画をアップして喜んでいる
のも、当たり前の事。
彼ら自身が何が悪いの?という態度を取っていたのも当然の事。
仮装コスプレを趣味的にやるのが主体のサークルなのだから、
ごく普通のことをしているだけのこと。
彼らは何も悪いことはやっていない。レイヤーはレイヤーなりの
ことをしているだけのオハナシ。

ビジュアル系とレイヤーとリストカット患者はセットだが、そうした
人たちの受け皿として彼ら仮装珍劇団は機能しているのだろう。
社会的な有益性を見つけるとしたら、唯一それだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カスタムナイフ | トップ | マイ・ボーイ ~リチャード... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL