渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

真剣日本刀ケース ~おすすめ品~

2017年03月21日 | 日本刀



真剣日本刀をお持ちで居合や抜刀道で刀を運搬される方は、
頑丈な日本刀運搬ケースをお求めになることを是非ともおすすめ
する。
しっかりした物は5~6万円するが、ちょっと気の利いたしっかりした
造りのビリヤードのキューケースが10万円以上するのに比べたら、
完璧な造り込みの日本刀ケースが5万円程で購入できるのは非常
にコストパフォーマンスが高い。
私がおすすめするのは、現在私が広島県在住だからという訳では
ないが、広島県広島市の日本刀運搬ケースを製作している業者
さんのオリジナル日本刀ケースだ。
この刀運搬ケースは
寶船(ほうせん)というブランドで広島から
販売されている。

この刀ケースは、内部がベルベットで仕立てられており、また外装の
本革も非常に良質で丁寧な作り込みになっている。
肩掛けのみならず、片手で持つ部分も非常に頑丈な造りになって
おり、とても信頼がおける。
私が愛用しているケースはシライ型のブルー革だが、かれこれ四半
世紀ほど使用しているが、今でも現役、というか、私が死ぬまで使える
ように思える。
本当におすすめ。
私の在東京時代には、私の周囲ではこの寶船の刀ケースを愛用して
いる人たちは多かった。
これ、ほんとに良質なケースですよ。

額面だけ見ると5~6万円の金額なので高そうに見えますが、実際の
現物の良質さと、別業界の本革ケース(ビリヤードキューや楽器等の
本格ケース)と比較すると、非常に安い価格設定といえます。
真剣日本刀を大切にするためにも、私個人としては一推しです。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先角交換仕上がり | トップ | 刀は出会い、巡り合い »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL