渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

稽古準備 〜斬術〜

2016年12月13日 | 日本刀


早月(さつき)流居合剣法斬術の部の稽古準備。
柄にナカゴと鍔の緩みが一切無いようにガッチガチに固めた。
これ、刀身外すの、ハンマーがないと無理っす〜(≧∇≦)てな程に
キッツキツで緩みなし。
だが、これが本来の日本刀の外装装着の通常体なり。
とりわけ鍔が緩んでカチャ音を出しているのは大抵は目釘に問題を抱えて
おり、そのような刀剣を振ることは、たとえ模擬刀であろうとも、武人
にはあってはならない不心得だ。
第一、周囲への安全配慮不足でアウト。
武具は隙無く緩み無く。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可変的手の内 | トップ | 全剣連錬士六段剣士の切り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL