渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

溶解情報

2015年07月06日 | 溶解情報

哀れな助たん(^0^)/

> 愛刀家には説明するのも失礼なのは重々承知している。
>だが不特定多数の人が読むブログなので敢えて説明しなければ
>ならない。
>杉田刀匠の言う「強い刃」とは、藁束切りの玩具や人斬り包丁として
>強い刃という意味ではない。美術刀剣として、高く冴えた刃紋が
>ガッチリと強く焼かれた刃、という意味である。
>日本刀は私的趣味の道具ではない。我が国の文化と歴史が創り出した、
>世界に通用する普遍的な美術工芸品である。その様式には個人の
>好悪を超えた厳しい掟が存在する。渓流詩人氏や軍装マニア氏が吹聴
>する、甘ったれた私的趣味の世界ではないのだ。
>こんな基本的な事さえ注釈しなければならない現在のネット刀剣事情を、
>私は一人の日本人として恥ずかしく思う。

結論から言うと、恥ずかしいのはおまい。

や~っぱ、町井氏のところに辛辣コメント書いた非常識人は
哀助だな。
視点と文体クリソツ(笑
頭隠さず尻も隠さず(笑

甘ったれたとか、まあ、還暦過ぎのお年寄りの御方が言いそうなことだが、
己の独善や名誉棄損(犯罪ですから)を棚に上げて、よう言うわ(笑
おまいこそ私的趣味でしか日本刀に関与していないのに何をほざいているのか。
それとも刀職として鐔でも作っているのか?
だったら、それを言わなきゃな、きちんと(笑
違うんだろ?
部外者なんだろ?
日本刀関連の連載なんかも持ってないんだろ?

というか、能書き垂れる前に、自分の色眼鏡にかなわないからと他人様を
ことごとく揶揄中傷して非難排撃して社会から赦されると思ってるその
甘ったれをなんとかしろよ。
ホンマモンの駄目人間というのは久しぶりに見たよ(苦笑
「不特定多数の人が読むブログ」とか自分で言ってるくせに、そのブログ
で名誉毀損という犯罪行為を延々と続けている。
この感覚を疑うよね。
裁判になったら「誤認」ではすまされないから、まあ例によって「不特定多数の
人が読むブログ」と自己認識していることを自己表明しているからいいけど。
馬鹿だよなぁ。自分に不利になる材料をどんどん自己暴露している(苦笑
名誉毀損に関するこの社会意識のとめどもない低さにほとほと呆れる。
人を大切にしない人間が日本刀の概念を決めつけて語って人を揶揄排撃する。
結局自己の概念にそぐわない者は名誉毀損してまでも排斥排外攻撃する。
そんなことやっていいと思ってるの?

強い弱いなんて鋼の変化働きの刀剣用語であることなど常識なのだが、
そこに実用上のことを無理やり絡めて私や大村氏を揶揄中傷してくる
ところがなんとも例によってお話にならない。
大体がね、性根がよくない。
以前は武用完全否定で歴史上の刀剣も戦闘のために作られたのではなく
為政者の象徴であり美術的な芸術品として日本刀は作られた、などという
トンデモ発言して居合までも否定していたのに、吉原さんが居合やっていた
のを思い出したからか、武術としての日本刀の使用を否定する訳ではない
とかコロッと言い回し変えてから。(戦闘のために日本刀があったという
一面を否定するならば、なぜ将から足軽までもが日本刀を佩用帯刀して
イクサに臨んだのでしょう。日本刀=美術品オンリー主張だと、刀がトンデモ
日本の七不思議になってしまう。)
「日本刀は歴史的にも美術工芸品オンリー論」大いに結構。
しかし、それは自分が個人的に主張すればいいことなんだよね。
また、日本刀の武器としての歴史性に着目して論を展開している人たち(私とか)
を「それは違うぞ。日本刀はすべて古来から美術品であるだけなのだぞ」と
論でもって実証主義的に論陣を張るならばそれもいいことだろう。
論で来るなら論で返せるけれど、口汚い揶揄表現で「ホモ」とか「元ホストで
人間のクズ」とかを並べて揶揄中傷するのだから、社会人として話にならない。
(もっとも、彼の主張のためにはそうした言辞による補完を伴わないと主張が
成立しないような中身なのだろうが)
しかし、揶揄中傷非難名誉毀損という手法でしか他人を攻撃しようとしない
というのは、これは言論としても下手(げて)だし、言論の自由、表現の自由を
著しく逸脱している。第一、そんなことを世の中やってよろしいとは社会的にも
法律的にも保障されていない。
おまいの行為は公序良俗に反するどころか犯罪なんだよ。ice-kの言動は犯罪
として完全に要件を満たして成立してしまうんだな。

一番悪辣なところは、「事実無根」のことをさも事実であるかのように
不特定多数の人間が見聞できる場所で他者を誹謗中傷するために
こしらえて発言するという姿勢だ。
例えば、大村氏は「軍装マニア」ではない。(軍装マニアは俺だよ、俺。笑)
それを誹謗中傷する目的で「軍装マニア」とありもしないことをさも事実で
あるかのように設えて名誉毀損の道具とする。やり口が非常に悪質だ。
さらにそこには「軍装マニア=変質者」というようなレッテル貼りの意識と
文章表現が散見できる。彼にとっては女装趣味者やコスプレイヤーなどは
死刑に相当するくらいに思っているのではなかろうか。それと、ホストに
対して尋常ならざる敵意を感情的にむき出しにする。ホストに何か過去に
恨みでも抱くことがあったのだろうか。
町井氏のことを「人間のクズ=元ホスト」とするが、人として下劣な行為を
継続しているクズは、さてどちらか。ホストがクズなのではなく、クズの
中にはホストもいるしモノカキもいるというのが社会構造なのだが、
ホストという職業をまるで麻薬売人か人身売買か暴力団員かのように
書いて制裁を加えてやったぞとばかりに悦に入る。
うちの娘がね、3歳の時に私に言ったよ。「人を馬鹿と呼ぶ人が馬鹿
なのよ」と。
そして、私の場合、日本刀を物斬りにのみ使うということについて批判的な
立場であることは私は以前から表明しているのだが、それをあえて無視
して、私の表明と逆な立場にいる人間のように私のことをデッチあげて
「だからいかんのだ」として揶揄中傷する。事実無根を基に他人を揶揄する。
そして、やり口はいつも、ゲイでもない人を捕まえて「ホモは気持ち悪いんだよ、
このオカマ野郎」というような放言をブログ上でやるのである。(大村氏は
ホモとice-kに
呼ばれた)
これね、完全におまい犯罪者だから(苦笑

まあ、いいかげんにしときなさいよ。モリモリ君。
本当に当局に刑事事件で告訴するよ。
あと、民事では損害賠償ね。

あ。解った。
また食えなくなってきたから、もしかして、塀の中で税金で飯食おうと
してるの?

どうでもいいけど、刑法230条あたりの判例学説のコンメンタールくらい
読んでおきなさいね。
そのうち親告によって刑事は立件されるから。民事提訴もあるでよ。
楽しみにしていてね。
分泌活動はもう少し継続を頼むね。
一応代理人弁護士は3名用意したから、頑張ってちょ。

それと、一言だけ言っておく。
日本刀を私的趣味とせずに公務で帯するのは日本の中で大相撲の
横綱と行司、それと皇室の典礼においてのみなんだよ。
あとはたとえ古流武術流派の宗家であろうとも、「私的な」ものでしか
ないわけ。
公益法人などの団体が日本刀文化の保全と文化継承のための活動
をやっているが、「帯びる」事に関してはあくまで皇室・力士・行司以外
は「私的」なことなの。吉原兄弟が兜割のために日本刀を帯びて鉄パイプ
椅子やヤカンを斬り試ししたのも、あれも「私的」なことなの。
吉原さんたちに言ったの?
「日本刀を玩具にして私的に遊ぶな」と。
言わないんだろ?
そこにこそ、君の恣意性と二律背反があるよな。「私は常に嘘を言う」
みたいな。言が本当ならばそれ自体も嘘となり、根本的に矛盾が
存するし、論理としては成立しない。そういうことを平気の平左で
やってのけながら自己正当性を主張する。実はそんな高尚なものでは
なく、自分のお眼鏡にかなう事象については持ちあげるけど、そうで
ないものは例え同質であっても揶揄排撃するという極めて悪辣な
独善性に依拠して他人への非難揶揄中傷を公開発言するのだから、
非常にタチが悪く悪質だ。
仮に公益法人の団体職員の職務で日本刀に関わるのではないならば、
たとえ刀屋からおこずかいもらって売文していようが、それは「私的」な
ことなの。公務ではないのだから。
皇室・横綱・行司以外は日本刀を公的には帯びてはいけないし、美術品
として接する場合も、公的な博物館の学芸員が日本刀を取り扱う以外は
全員が「私的」なところで人は日本刀に接しているんだよ。
これは居合や剣道形等の伝統武術での使用、美術品としての鑑賞を問わず。
まるで根本から解ってないよなぁ。
そして、「私的な趣味」で日本刀に接することを否定しながら、実は自分が
私的なところで日本刀を論じているというこの不誠実さ。
目的は、自分が正義である(あくまで私的な判断で)ということを他者への
排撃揶揄中傷名誉棄損を伴って明言したいだけなのだろうが、そいつはね、
駄目なんだよ、今の民主主義の世の中では。

君が国家から指名された公務員であり、その者が日本の文化財保護
という観点から公務として言っている言動ならばまだ分かるけど、なに
わっけわからんこと私的に言ってるの?
もっとも、公務員や日本刀に関する公益団体職員ならば、ブログで
名誉毀損などしないし、したらアウトなんだけどね。
とにかくネジ外れ過ぎ。言動が反社会的に過ぎるよ。
それではなぁ・・。
まあ、君の過去の所業もよく分かるというものだよ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研ぎ 左久作蕨手小刀 | トップ | ドウタヌキではなくドウダヌ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL