渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

足元大切

2016年10月19日 | アウトドア

来月の野外活動の足元固めは、どれをはくかで悩む。

タクティコーなこれにするか・・・


あるいは、伝統のフランス外人部隊や傭兵御用達のこれにするか。
頭抜けた世界最堅牢ブーツ(笑)。


はくときゃ紐は一本絞めのバックル絡めにするだよな。

やっぱし、これか?

なんだかんだいって、これが一番足には合うのよね。
本革製って強いよね。30ン年前のでもどうにか行けるもの。

なぜ悩むかというと、白っぽいデザートブーツが
あまりにもグレート・タイガー・カモ(仮)と色
が合わないから。本物のデザートタイガーとは合
うのだけど・・・。

グレート・タイガー(仮)と。


デザート・タイガーと。


黒色のほうがまだまし、みたいな?


むしろ、トレッキングシューズのほうが色が合う
という、トホホなことに(苦笑)


一番色が合うのはこのセージ色だろうけど、おいら持ってなぁ~い。


色合わせって、案外大切。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「オヤジ」の弟子 | トップ | 城のある町 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL