渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

まな板のメンテナンス

2017年07月16日 | 親医楽食



まな板の上に岩牡蠣を置いてハンマーで引っ叩いたら、
牡蠣殻が硬すぎてまな板がかなり凹んで傷んでしまった。
長年使って切り込み疵も増えてきたので、家内の依頼もあり、
鉋掛けして面出しをすることにした。



強く凹んだところはササクレを削除してどうにかつるつるになり、
他のところも面出しが出来た。オーケイ!
鉋は木刀を削ったり白鞘を削る時に使う小振りの鉋だ。
鉋の刃をキンキンに研いでいたのですぐにサッと使えた。
刃物は普段からすぐに使えるように研ぎ上げておくに限るね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜も西部劇 ~街の今昔 ... | トップ | 実銃コルトネービーM1851販売 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL