渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

刃付け

2017年07月29日 | 刃物


この研ぎ汁が大切だ。これが研磨剤の役目をする。

箱出し刃があまりよくない場合は、すぐに刃を付け直す。
これは早月流研ぎではなく、一般的なナイフ研ぎの方法だ。
#1000の中砥で刃を付け、本山合さ(あいさ)で合わせる。




使い終わった砥石は、綺麗に洗っておく。


砥石に定規を当てて、表面の凸凹を確認し、完璧に平面出し
をしておくのも忘れずに実行する。
砥石と砥石をこすり合せたらピッタリとくっついて離れない程に
平面をキチッと出す。
日本刀研磨以外の刃物用砥石は、特殊刃物を除き、きっちり
と出た面一の平面が命である。

砥石は使う前に整備するのではなく、使った後にいつも手入れ
しておき、次に使う時にいつでもすぐに使えるようにしておく。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打ち物 | トップ | ブッシュクラフトと武術から... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL