渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

制服いろいろ

2016年10月13日 | 文学・歴史・文化

先の新型パジャマを各界の方々に知らせたら、反応は男性陣は
一様にイイ!と賛同していた(笑)。

一番ウケたのは居合仲間で、「これ、お揃いで買いますか?」
と言ってたけど、そっちか!(^^;

ま。野郎が着るとホントのあれ系か水兵になってしまうので、
やはりこういうのがいいかと。




おれ、セーラー服よりジャンパースカート派なんだよなぁ(笑
あるいはネクタイ系。


こいうのもオッケーす。


オッケオッケェー(高田純次風)


こういうのも萌えだったりする。


特にですね、このロシアの空挺の子なんてのは、めたよい。
 
かわいすな~。


それにしても、セーラー話からはずれるが、万国の軍隊で
今のロシアほど多くの迷彩柄を採用している国はない。
覚えられないほどなのよ(笑
でもですね・・・。
すべてどこかの国のパク~リなの、ロシアの迷彩服(^^;
ただ、緑系は非常にいい色を使っているのが特徴。
原色ではない中間色のような緑を使う。
これって、カモフラにおいては結構大切なのよ。
柄物だろうと単色だろうと、迷彩服は色合いが命となる。

一方、礼装においても戦闘装備においてもベレーを着用して
いるのが英軍の特徴だが、礼装でのベレーは礼装用の物を
用意したりしている。ベレーバッジやクレストにしても、
金ぴかだと戦闘では目立ってしまうことがあるからだ。
だから英軍ではパラトルーパー(空挺部隊)などは、バッジ
を光らないタイプにしていたりする。

礼装ベレー。さすがに未来の王様は流行ブームのかぶり方
などはせず、伝統的な着装法を厳守している。まさに王道。
王族であろうとも、一兵士として一般部隊に配属され、
通常の訓練を受ける。これは英国の伝統でもある。


一方、こちらは出撃前の英軍空挺部隊。迷彩服が旧分裂迷彩であるので、
かなり前の画像であることが判るが、すでにハンチングのようなトム
かぶりが広がっている。画像原題には soldiers-of-the-5th-airborne-
brigade-in-traditional-berets- とあるが、全然トラディショナルな
かぶり方をしていない。(徽章が光らないタイプの物になっている)


典型的なトムスタイル。もはやベレーではなくハンチングと化している。


ミリタリーベレーの伝統的なかぶり方というものはこれである。


これは忠実に再現された第二次世界大戦時の英軍空挺部隊の
いでたち。ただし、甘い。ベレーは当時はデコ出しかぶりが
一般的なのである。


こちらは、超ウルトラリアルに再現された大作映画『遠すぎた橋』
での英軍幹部。まだ残存軍用機体があったから撮影できた超大作
である。


実際の第二次世界大戦時の英軍空挺部隊。
世紀の「壮大なるゼロ」となったマーケットガーデン作戦
の頃である。ベレーの径は大きく、かぶり方は戦後の規定
とは異なるデコ出しだが、着帽造形はスタンダードといえる。





軍装の着装も時代と共に変化するが、英軍に現在流行している
「伝統崩し」ともいえるベレーのかぶり方は、どうやら軍規定
とは別に個人的にやりはじめたのが流行しているようだ。
一時期日本国内を席巻したルーズソックスみたいなものか(笑
私はあれが不思議で仕方無かった。このダサさといったらないね、

というように思っていた。なんだかだらしないし汚いし。
そのルーズが流行っている時に、豊島岡女子や大妻女子の白い
三つ折りソックスなんて光り輝いているように見えたもの。
制服におけるトラディショナルというものはトレンディではない。
何でも流行を追えばよいというものではない。そういうのは軽い。
そして、国内女子はルーズの時代から汚ギャルが出てガングロ
ヤマンバの90年代末期の世紀末へと繋がって行った。
制服女子が輝いて見えないスタイルというのは、どうにも私には
首肯し難いものがあったのである。

と、『女子高制服図鑑』を世に出して印税生活を目論んでいたが、
まったく同じ規格を考えていたS大のMというライバルに一歩の
ところで先をこされて出版され、千載一遇の機を逃した俺が言って
みる。(変態扱いされながらも、制服の取材とデータ蓄積がだいぶ
進んでたのによ~)。
やつにしてやられたのは、彼の出版物は中学生や小学生の女子読者
層をがっちり掴み、女子校の制服大改編ブームを歴史上生みだした
ことだ。彼の出版物により、世の中の女子高は生徒獲得のために
デザイナーズ制服を採用し始めた。
これまでに全国展開ではなかった「制服で学校を選ぶ」という女子
が爆発的に増えたからだ。皆が彼の書を読んでいた。
彼は世の中の歴史を変えた。1980年代初頭のことである。
印税生活よりもこちらが悔しかった。
私が世の中の歴史を変えたのは、高速道路料金にバイク料金を設定
設置させたくらいだ。
ただ、ベレーの着用法に関しては、私の解説公開がかなりの波紋を
日本国内に投げかけたことは確かなようで、ファッション業界関係
のみならず、本物の国営軍事組織のベレー着用法テキストにまで
採用されるに至っている。これは一つの歴史を変えたといえるかも
しれない。
でも、おいらの今までの人生の中で一番嘘みたいな話は、ヤマハから
おいらをイメージして開発されたというバイクが作られて販売された
ことかと。ホントに嘘みたいな話だ(^^;

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去記事訂正 | トップ | タイムライン表示 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL