渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

カスタムナイフ

2017年07月16日 | 刃物



小倉の友人が持っているカスタムナイフ。
なんでも、研ぎ師さんが趣味で作っているナイフらしい。
ほえ~。すげ~。

これなんて、かなりいいよぉ~。




埼玉の友人に画像見せたら、「おれちょいと小倉まで行ってくる」
だってさ(^^;

でも、わかる。かなりいい。
どことなく日本刀ぽいブレードシルエットを醸し出しているのは、
やはり研ぎ師さんだからか。
なんとなく日本刀の「鎧通し」みたいな雰囲気バリバリに持ってる
よね。

ザ・フルタング。
アウトドアナイフというのはこうじゃなきゃな。


フルタングは頑丈の極み。重いからということでハンドル部の
刀身肉厚を斜めに薄く削いだのがテーパードタングだけど、
構造物の強度は体積の三乗に比例するので、少し削っただけ
で倍倍々に弱くなる。逆もいえるので、ほんの少し体積が増えた
だけで三乗で頑丈になる。フルタングは刀身そのままの厚みで
一番負荷のかかるハンドル部を構成する。これならば仮にバト
ニングなどの乱暴な使用をしてもビクともしないことだろう。
文字通り、なんだか鎧通しだ、これは(^^;

男はガッツリ直結プラグでロック!みたいなまるでレスポール・
ジュニアで弾く漢の魂!のようなナイフだぜ。

この自動チューニングのギブソンのレスポールジュニア、どういう
カラクリになってやがんだ!ほ、ほすぃい・・・。これは欲しい!
俺ね、エレキで一番好きなのがLPJr.なんだよなぁ。
直結プラグでのゴリゴリとした音もメロウなラインも奏でられる。
俺は、あのギターは好きだね。てか、このギブソン、ほしい~(^^;

週刊ギブソンVol.38
〜GibsonLes Paul Junior Single Cut 2015



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三原のキャンプ場 | トップ | 本性を現した仮装珍劇団 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL