渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

移動ちう

2017年02月11日 | 外出・旅



高校時代に暮らしたこの街は結構好きである。

昨夜刀工小林直紀先生、刃物師池上兄と飲んだ時に光源の話題も
出たが、LEDというのは点滅しているから、デジタルカメラで撮影する
と、このように信号などは無灯火の状態がタイミング的に撮影されたり
するんだよね。
LEDの光の下で刀や刃物を見るというのなどは最悪。
刃物は自然光の下で見ないと、下手すると本性を見間違う。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小林直紀の刀 | トップ | 三原城の上には三原駅 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL