渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

暴力

2017年05月16日 | 内的独白



残念ながら、私は三島先生と同じく、生まれてこのかた
暴力を否定したことは一度も無い。
お為ごかしは不要なのだ。
武は武であり暴力である。武になんらかの平和的な美的
要素を付与させる綺麗事は虚偽であり、欺網でしかない。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大道芸 ~人体の上に置いた... | トップ | 大根切り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL