渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

審神者(さにわ)とレイヤー

2016年09月19日 | アート



審神者(さにわ)の抜刀者に腕ある者あり。審神者とは古代に
転じて琴奏者のことを指すようになったが、これなる遣い手は
作句素奏者なりし哉。

というか、レイヤーが居合抜刀しているのではなく、居合抜刀
できる人がコスってるだけなんだけどね。

5秒見れば判断がつく。
お上はなんでもお見通しであるぞ!(笑
揺れるのは刃道のレールが脱線しているから。速いが切れてない。
ファストドロウができても、敵ではなく下向けて撃っては中らない。
ドロウだけではダメなのである。

と10数年前にナマダにハマっていた私が言ってみるテスト。
まあ、コミケとかいろいろあるけど、日本のコスプレとカメ子は
ナマダが先駆者だ。特にコスを流行らせたのはメタボギアの
ナマダだと言っても過言ではない。
アングラのサブカルの世界をセミオープングランドまで引き上げ
たパイオニアがナマダだった。


離れ目ナマダは未来永劫かわいい。離れてるのは目だけではない
というアニオタにとってはとても重要なポイントもあるのだが。

すっぴんの素顔は多部未華子ちゃんに似ている。
しゃべり方は酔っぱらった桃井かおりみたいで、何言って
るか
よくわからないが。
もう、ナマダは結婚しちゃったけどね。
ナマダの本職はナースだ。

「スカートの中は宇宙である」。彼女はレイヤーというより
アーティストである。
では、「宇宙の中には何があるの?」と尋ねたくもなるが。
ナマダは最近復活した。



昔のナマダ。


どうだ。後年のカタチのみの追従者たち。彼女の宇宙が掴めるか。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本のバイク | トップ | 【驚愕】100年以上前に日本を... »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL