渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

ギネス達成から技法を読み取る ~町井勲氏~

2017年03月08日 | スポーツ・武道など

Martial arts master attempts katana world record - Japan Tour


祝ギネス達成。

「ギネス記録かぁ」とただボーッと観るだけでは意味がない。
刀を使って畳表を切ることをやる剣士ならば、何かしらを
見取りしないと、人の技を見る意味がない。


ある刀法を使っていることが読み取れる。


同じ刀法を使っている(私)。

これは左からの右袈裟斬り。




同じ刀法を使っている(私)。


刀法の選択には理由がある。

世の中、埒も無く貶すだけを旨としたがる人たちが多いが、

物事が見えていないのだろうと思う。
何がどうなってどうやってどうしてそうなっているのかを。

切先真下下げのスイングマンには決して理解不能な刀法の
理がある。
これは剣戟において必要か否かにより選択する。

とは言っても、理解不能な者はずっと理解不能であろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LCT AKM 電動ガン 無限リコイ... | トップ | あぶない刑事 タカのガバメント »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL