渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

カープファシズム

2017年05月14日 | 親医楽食



近所にラーメン屋ができたと家内が言うので行ってみた。
店内に入った瞬間出ようかと思った。
ここはラーメン屋ではなく、飲み屋がラーメンも出すのだ。
そして、店内はカープ色一色で、大画面モニターでカープの
試合を放送している。壁にはカープのユニフォームがズラリ。
店員は黒Tシャツを着たラッパーのようないかついにーちゃんだ。

一応、人柱的に食凸してみる。報告待ちの社員の期待もあった
からだ。

ラーメンは一種類だ。
ラーメンと餃子を頼んだ。

・・・・・。


・・・・。

これ、ニンニクが嫌いな人はどうするのだろう。
まるまるニンニクが1個みじん切りにして入れてある。
スープの底にニンニク細切れ大集合。
スープの味は悪くはないが、とにかくニンニクが強過ぎる。
でもって麺が・・・うどん?

×だった。

私が一番嫌いなカープファシズムの店だったから×だ。
それに、これしか許さねぇ的なメニューも×だし、ラーメン
の内容も強引にニンニクを客に食わせる。ニンニクラーメン
であることなどは一言もどこにも提示していない。
店員も清潔感がない。黒Tシャツに髭生やしたいかつい
ラッパー風。カウンターの上に物も多く店内も雑然と
している。

なによりも、
広島県内の人間ならばカープファンでなけ
れば認めない
という感性が大嫌いなのだ。度し難い程に
嫌いである。

テレビCMでも「カープを応援せにゃいけんじゃろう」とか
いうのをやってる。民法はカープカープカープで、広島
カープがどうだったかがスポーツニュースのメインだ。
カープファシズムの飲食店は多く、店内にはカープグッズ
があふれ、カープファンのみを客と見なすような雰囲気だ。
ヤクルトファンでも阪神ファンでもソフトバンクでもよい
ではないか。だが、それは認めない。
とにかく、ひじょ~に感じ悪いし不気味だ。
まるで北朝鮮みたいだ。(行ったことないけど)


こういうの大嫌いなんだよね。おぞましく気持ち悪い。




























ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『クイック・アンド・デ... | トップ | 究極スペシャル »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL