渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

陸幕長引責辞任

2017年07月27日 | 時事放談



---------------------------------------

悪いことしたのはこの陸幕長本人なのか?
という気もしないでもないが、組織における責任の取り方というものは、
こういうものだ。自分がやったことでなくとも、責任者は責任を負う。
ただ、個人的思念としては陸幕長無念、と思う。気の毒だとも。
辞めるのには順番があろうに。
現場を軽んじて偉そうに女王様気分でいるあの網タイツの女の武器
だけでのし上がってきたド素人女をとっとと何とかしろよ。
軍事のド素人、政治のド素人が、何も知らない、理解していないのに
偉そうぶっこいて現場を顎で指図しているという事実があるから、現場
からの猛反発や軋轢が生じているのだと・・・まあ、あの馬鹿女には
到底理解できまい。ああいうのは一生あのまま。
まあ、
政治屋なんてのは、厚顔無恥の破廉恥な人材でないとやって
いけない
という現実があるのだから、しょーもないことだけどな~。

苦労するのは常に現場の実働者たちなり。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結びにみる武士の心 | トップ | 現場尉官のつぶやき »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL