渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

映画『レッドサン』で表現された武士の魂

2017年07月12日 | 溶解情報







どうでもいいことだが、武士や士族が刀を蹴るなどということはあり
得ないことだ。
いい加減にしろや、この唐変木。
まあ、武士や士族でない流れにある僭称捏造族の行為については不知。
あまりに武士の本道から外れ過ぎていて、もはやお話にならないので(苦笑
この映画『レッドサン』でも観て、武士の心とは何かを少しでも知った
ほうがいいね。
というか、どこまで日本刀と日本文化を愚弄するのか、捏造仮装珍劇団は。
まず刀を馬鹿にしすぎ。鍔ガチャガチャだし、ガム食いながら宗家は道場に
入ってくるし、開始も終わりも礼が一切無しだし。(これは悪口でも何でも
なく、事実を書いています)
日本人と日本の伝統や礼儀を馬鹿にしてるのか?
冗談はほどほどに。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山口線にD51蒸気機関車 | トップ | 刀剣拝見の際の作法 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL