渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

飛天御剣流とイカサマ試斬

2017年04月29日 | 溶解情報

何度読んでもこれはすげぇ~(^〇^)

 ⇒ 飛天御剣流とイカサマ試斬 

これが私が今まで見知った中で史上最強(^^;

でもね、世の中って凄いのよ。
自分は陸軍士官学校出身で正五位の官位である、と自称
する40代の人(目がいつも泳いでいる)とか、それに
よく似たような事をのたまわっている何だか酔った尾崎
紀世彦みたいなの(^^)も「武術」界にはいる。
ほかにも、全剣連(都剣連)の居合道二段受験を何度も
落ちて全剣連など駄目だとして自称古流居合の宗家を勝手
に名乗り出したりしたのもいる。よく事情や歴史を知ら
ない外国人を相手に盛んに活動している。

日本全国、あちこちに大勢いらっしゃいます。(^0^)
あと不整合やイカサマなどを指摘されると名誉毀損だ
裁判だ裁判だとすぐに騒ぐとネットなどでは評判で、
「そんなちゃちなことはまさか言わないだろう」などと
思っていたら、本当に裁判だ裁判だとすぐに騒いだりする
集団がいたりとかね。


学生の時に、飲食店でバイトしていました。まあ、夜の部
なのですが。
お客さんには実にいろんな人がいた。
あそこでおいらは学んだね。
世の中、「普通」とか「常識」とかってのは、本当は無いのよ。
「非常識だ」とか言っても、では何が「常識」なのか、とね。
それくらいに、誤解をおそれず言えば「まとも」な人の比率と
いうものが極度に低かった。
美人ママさんのいるカラオケスナックへ来る客がそういう人たち
ばかりなのかと思ったら、そうでもない。学生時代には炉端焼き
と割烹でもバイトしていたのだが、まあ、なんというか、お客さん
の質性比率としてはスナックと変わりがない。
多分ですね、そのまま日本国民の数に広げたのが日本人の実相の
ように思える。
極限すればですね、冒頭の飛天御剣流のパツキン君のようなのが
大量に日本にはいるんです。ものすごい比率と数で。
たぶん、常識とか普通とかいう言葉で世相を表現するのであれば、
それが「普通」なのでは、と私は思い至ったのでありんす。かなり
昔にね。

なので、そんじょそこらのチンケな第二第三の飛天キンパツ君
たちが出て来ても、何も驚くことがないのですが、世の中ネタ
には事欠かない。マンウォッチングはバラエティ番組よりも面白
い。

この感覚、オタナ系販売店を営業している人ならば分かるのでは
と思ったりする(笑)。
以前、「人が10人いたら8~9人は『珍妙なる人々』だ」という
ようなことを私は書いたが、実はそれは「普通じゃない人」が
多いのではなく、そういう人たちがそういう割合で世の中にいる
ということが「普通」なのだ、と思うのである。
そして、そういう人たちは、大真面目で「自分こそが正しい」と
思って人と接している。
もしかしたら、彼らが「普通」であり、人の世のスタンダードなの
ではなかろうか。冒頭の飛天金髪クンみたいな人が。
あれがごちゃまんといるのが「普通」の現世の世の中。どうやら、
そんな気がする。

昔ガッコで社会学を勉強していたとしてもね、あたしにゃ~なんで
そうなのか、よくわからんす(笑)。
ただ、当たらずとも遠からず、という感じはすごくする。

面白いよ。世の中いつもお祭りだい!みたいなもんで。
まあ、こういうお化け屋敷のほうが実は世の中の主体である、ってね。

城前の旧山陽道東西約1キロの距離にわたり道の両側に
出見世が出る三原の神明(しんめい)市。
交通は完全ストップ。神明市の三日間は歩行者専用道に
なる。住民は車が出せませ~ん(笑)
これが通常なら困りま~す。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女優魂 | トップ | 煤竹 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL