渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

高体連 広島県高校生剣道新人戦

2011-11-19 | スポーツ・武道

自宅から片道90kmある県北の体育館で高校生剣道新人戦です。
往復180km運転はきついからと家内に代わって私が個人所有の
スバル・インプレッサでドライビング。
(普段の足は三菱の軽自動車だよ〜。ロバのミニは車庫の片隅で死んでます・・・)

開会式

横断幕も日の丸もない高校生剣道大会。
私には少し違和感があります。応援の旗も一切なし。
そういう取り決めなのでしょうが、日の丸と君が代がないのは
広島県の教育機関の指導方針なのでしょうか。
それはそれで県教委の方針だからよいとして、各校の団旗が
ないのは小中学校の公立校の運動会で徒競争を廃止して一緒に
走らせて「手をつないで一緒にゴール」という指導をしている県らしく、
私には大きな違和感があります。
勝った者も負けた者も、あるいは障害で走れない者も、みんな
自分の力でできるところまで精一杯やって、そして結果にこだわらず
敢闘をお互いにたたえ合うのが本当の社会教育、人間教育のように
思えるのですが、ここ25年くらいで学校教育は確実に変な方向に行って
ます。
ところが、不思議なことに、私の娘は幼稚園から中学までは国立大学
附属校に通っていたのですが、運動会などではガチンコの徒競走や
リレーをやっていましたし、現在他校で禁止の騎馬戦もやっていました。
国立校が健全で一般公立校が真綿飼い殺し偏向指導のような気が
どうしてもするのです。一般公立校は体がぶつかり合う中で児童生徒が
頑張ったりたたえたりする社会性を学ぶ機会を彼らから奪っている。
娘の学校ではいじめも校内暴力も存在しませんでした。教育の
あり方について考えさせられます。
軍国主義的右翼偏向教育は忌避されるべきですが、誤った擬似
民主主義教育は今後も大きな問題を残すと思います。


私の高校の学園(普通高校・商業高校・女子高の三校一体)の
剣道部の旗。試合のときはこうしたものが必ず掲げられた。

試合開始


だから引き面はだめだってば(笑)


仕切りなおし

(赤−娘)

一回戦はメンで勝ち、二回戦に有名な選手にコテを取られて
負けました。
高校生になったから、そろそろ「考える剣道」にステップアップ
しないとね。

夜、娘が塾の授業があるため、5時前には会場を後にしました。
本当は閉会式までいるのが筋ですが、やむなし。
普段、試合の行きも帰りもグースカピーと寝ているという娘は、
本日は行きも帰りも起きていて、いろいろな話をしながら過ごしました。
「剣」についてのことは技術論も解釈論もほとんど私は言いません。
エッセンスを一粒二粒彼女の器に落とすだけ。

本日の走行距離180km。
明日も仕事で同じ市内に行き、月曜日も行きます。
職業運転手みたい・・・。
仕事で使っているのホンダシビック4ドアセダンのハイブリッドは
走行距離が22万キロになるので、来週あたり新車導入です。
しかし、初代シビック・セダンのハイブリッドはよくできた車だった。
モーターアシストでそこそこガツンと加速するし。ターボかかったみたいに。
バイクで2ストファンな私にとっては、まったくストレスのない車だった。
今のトヨタ・プリウスやホンダ・インサイトって他の社員も乗ってるけど、
全然走らないって言ってた。極度のエコ化で走りがもったりしているん
だって。高速や坂道でまったく加速しないってさ。

普段の仕事での足はこのホンダ。

加速性、ハンドリング、問題なしっす。
でもシビック・ハイブリッドは2010年に生産中止。
残念。

本日の車はこれ。スバル。

こいつも走らね〜(笑)
形はかわいいけどね。
これの前の型の方がきびきびしていた。

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
インサイト 軍国主義的 ドライビング インプレッサ
トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 試合の準備 〜剣道〜 | トップ | 神奈川県警のふしぎなおどり »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL