渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

ウエスタンな街並み

2017年06月20日 | トイ



東京ディズニーランドにはウエスタンな街並みがある。
まあ、なんというかハリボテの街で、本当に人が住んでいる
訳ではないのだが、こうしたところを歩くとワクワクしたりもする。





まあなんというか、「日光江戸村楽しいぜ。ヒャッハ~」的な楽しさでは
あるのだが、箱庭感覚としては楽しめる。
これはディズニーシーが出来る前からランドのほうにあるウエスタン
エリアではそう感じていた。アメリカの遊園地にはアーリーアメリカン
の街並みがテーマパークとして欠かせないのだなぁ、と。シンデレラ城
よりもむしろウエスタンエリアこそディズニーらしさというかアメリカらしさ
を感じたりした。
これは江戸文化とは異なるアメリカらしさだろう。江戸文化の場合は江戸
という都市限定になる。熊本城下が舞台ではないし、江戸以外の城下が
舞台のテレビ時代劇というのはあまりお目にかからない。



嬉しいのは、こういう店で本当に買い物が出来てしまうということだ。






でもって、本格的なハットを売っていたりする。日本価格ではなくアメリカ
国内価格のような安い金額で本物を。これはかなり嬉しい。


いや~、まさに夢の国。




いいぜ~。東京じゃないけど東京とか言ってる東京ディズニーランドとシー。


ちなみに、このハットは2002年にディズニーで購入しました。
ランドかシーかは忘れた。幼稚園児の娘のベレーと一緒に買いました。
(後ろの画は娘が中学の時に描いたもの。幼稚園児だった娘は今、江戸
文化お化け研究者に。笑)



ウエスタンハットが欲しい方で東京ディズニーランド&シーに行く予定が
ある方は、園内でハットを探してみるのも手かも知れません。

ハウステンボスもそうだけど、本当に人が宿泊できる施設で、本物の
アメリカ西部にあるような合宿体験教室みたいなのができればよいのに
とか思ったりする。
これはどう見ても、本当の「街」。観光パークのフェイクには見えない。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帽子いろいろ | トップ | 本物だけが持つ佇まい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL