渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

研磨 〜肥後守〜

2016年01月09日 | 刃物

黒染めに失敗した肥後守を研磨する。


研ぎながら鎬を立てて行く。



真ん中あたりがまだ甘い。


鎬を蹴らないように研ぐ。


さらに研ぐ。


どんどん研ぐ。


確認しながらさらに研ぐ。




鎬中央部をさらに立てる。


更に立てる。半分から先は凡そ立った。


さら研磨。


ほぼ鎬は立った。


角度をずらして甘い所をチェックする。


甘い所を立てる。


裏も鎬を立ててからヘアラインを入れる。


大体OK。


ブレードバックも研磨する。


姿が崩れていないかチェック。切先がマットに刺さってる(笑


まあ、よかろう。


試しに爪を切ってみる。左右3指ずつ爪を切る。
チーズを切るよりも抵抗なくスーッと切れて行く。
OK、終了。
刀身を洗浄し消毒してから油を引いて保存する。

<研ぎについて>
青棒や動力は一切使っていない。
すべて平砥石による手研ぎである。
切るためだけの砥石ならば天草と#1000(シャプトンでもキングでも
ナニワでもよい)と仕上げ#6000があれば、切るためだけの刃は付く。
ただし、「錆びず、刃持ちが良く、望む刃味」を得ようとしたならば、多くの
番手(同じ粒度の砥石でも鋼の状態により合う合わないがある)と同番手
でも別種の砥石を揃える必要がある。
そして、ただただ急いで研ぐ雑な研ぎは絶対に駄目だ。
以下については厳密に厳守すべき事項と私は認識して実行している。
・砥石の表面を面一に常に真っ平らに補正し平面を確保する。
・ストロークはただガシガシと素早く大雑把にやるのではなく、角度をずらさ
 ない正確な前後運動で行なう。(止める時にプログレッシブに止めないと
 砥石目に強弱がついてしまいムラになるので注意)

・番手毎に右手と左手で持つ刀身の角度を変えて低い番手の砥石目を消す。
 (あえて同じ角度で押す場合もある)
・しゃくり研ぎは絶対にしない。(一般刃物は日本刀の研磨とは別な技法となる)
・「常に右でグリップを持ち裏を研ぐ場合は刀身を裏に返す」ということはしない。
 裏を
研ぐ場合は右と全く相似形で左右の手を逆にして刃物を保持する。
・研ぎ汁を流水で流しながら研ぐことはしない(基本中の基本)。
・同じ番手の砥石でも押圧力、擦過速度、研ぎ汁状態等々によって番手が
 異なる状態を作出できるので、これを大いに効果的に使う。
・基本的には荒砥(400〜800)、中砥(1000〜1300)、仕上砥(6000〜8000)
 の三種は揃える。(私の場合は、一般刃物用としては天然・人造含めて15種程)


他にも書き出すと、1000文字では足りない程のノウハウがあるのだが、
割愛する。
一つだけ確かな事実がある。
「研ぎを実行しない者は、決して研ぎが上手にはならない」。
理論と咀嚼と理解と実践、そして自己検証の繰り返しが上達につながる。
やらない者はできない。
やる者も、ただやみくもにやるのではなく、正しい物理的な理論と実践が
なければ研ぎは研ぎとはならず、ただの「こすり」になってしまう。
さらには、自己満足に溺れるような自分に甘い者は絶対に上達はしない。
思い上がった時点で進化は完全停止する。これは職業としての刀鍛冶や
日本刀研磨師もまったく同じであるが、プロではない趣味の研ぎにおいても
まったく同じ現象が現れる。己大好きの自惚れで自分にのみ甘い人間には、
「上達」などという発展は技術系の世界には存在しない。これはまた、武術
においても同。
また、ネット時代、多くの嘘、出鱈目、誤情報の動画やネット文章が蔓延して
いる。
「本当のことを見抜く目」を持つことは、インターネット利用者に求められる
必須事項である。
ネット利用者の方々は、上っ面すべりの「知識のコレクター」情報ではなく、
内実ある真の情報を掴み取っていただきたい。


この記事をはてなブックマークに追加

ストーブ

2016年01月09日 | アウトドア

これはコンパクト!(◎。◎)






メーカーサイト → DUNLOP

アイテム開発者というのは、いろんなこと考えるねえ。


この記事をはてなブックマークに追加

北大広し

2016年01月09日 | 内的独白



多くの人が「北大が広い」というツイートにりツイートをしている。
確かに北海道大学は、一ヶ所にある大学キャンパスとしてはかなり
広い。

実際に北大に行っても、都内の猫の額程の私立大学のキャンパス
などとは比べ物にならないくらいに広くて圧倒される。
だが、キャンパスとしては広いとはいえ、その敷地内の歩行距離と
してはどうか。

ツイート添付の地図はかろうじて私の高校の位置が欠けて載っては
いないが、
赤線は私の高校から学校帰りに東大を抜け無縁坂付近を
下り
池之端に出て御徒町界隈を歩き、アメ横に寄って買い物をして
上野駅に至るルートだ。これくらいの距離は日常的に歩いていた。
まあ、キャンパスがこれだけ広ければ移動時間の短縮のために
なんらかの手段を講じる必要もあるかも知れないが、歩行での
時間的余裕があるならば、距離としてはまったく大したことはない。
ツイートでは
「こんな距離を歩くなんて」との旨の声が多いように思えるが、
やはり、
東京人と地方の人の歩行距離感覚が異なるのではなかろうか。
かつて、九州のある場所に行った時、たばこを買いに行くのに店を訊い
たら少し離れていた。歩いて行った。すると地元の人から「あんな
とこまで
歩いて行ったのか」みたいに不思議がられた。

地方では乗用車がないと生活ができない。それは分かる。
ただ、本当に歩かなすぎると思う。

では、車が普及する前はどうしていたの?歩いていたでしょうよ、とか
思ったりもする。
言うまでもなく、江戸から京・大坂までも徒歩で人は歩いた。
今、その必要は無くなったが、現代人において、何か大切なことを
無くすのは都会よりも地方のほうから加速度的に進行しているのでは
なかろうか。
果たして、「便利」がもたらしたものは何だったのか。「便利」によって
失われたものは何であるのか。
北大キャンパスのツイートを見て、ふとそんなことを思った。

ということで、現行確認できる地図上で等倍スケールを付けて北大敷地と
皇居を比較してみた。


「北大キャンパスにて遭難」というのは都市伝説というかネタが過ぎると思う。
遭難するのはこういうところではなかろうか↓




いるよぉ、いるよぉ、一杯いるよぉ。






昔ね、探検部の奴と樹海の氷穴探検に行ったのよ。ロープで降りてちょいと
プチ本格的に。
歩行困難と酸素量危険なので限界点で引き返したけど、記念撮影でばしばし
撮ったのね。そしたら参加した人数よりも多い団体さんが大集合していた。(実話)
これは池上本門寺での肝試し(本門寺は真っ暗です)よりもキタ〜。
本門寺でもメンバーより多いという事柄があったけど・・・。
あと、今は無くなったが、横浜の鶴見区の結構広い森で親友と二人で撮影
したのね。「彼ら」が無茶苦茶写ってやがった。ふざけんなよ!というくらいに。



ブッシュクラフトの宿泊単独行はぜひこちらの富士青木ヶ原の樹海でどうぞ。
(嘘。火気厳禁です)
でも、夜になると、都会ではなかなか聴けない声と音が聴こえます。
誰もいないはずなのに真っ暗なテントの周りを歩く足音がしたりひそひそ声が
聴こえたり、なかなかハッピーでラリホーな一夜になります。ありきたりのブッシュ
クラフトに飽きた人には、こちらで火を使わずに、一人でお泊りになることをぜひ
おすすめします。



デコッパチマーク書いた奴、おまい、東京もんとちゃうやろ?(笑


この記事をはてなブックマークに追加

驚異の価格 〜ハンティングナイフ〜

2016年01月09日 | 刃物



----------------------------------------------------------------------

驚異の価格! ヽ(◎。◎)ノ
思うところあって、各種ナイフの販売価格等をリサーチしていて、
たまたま見つけた。

刻印には"STAINLESS OHIRA"とある。
日本製ということか。
打ち抜き量産工法とは思えない。
削りは当然手仕上げだろう。
どうやったらこんな価格が実現できるのか・・・。
大型の肥後守よりも安い。しかも、本革シース付き。
なんなのだ、これは!
1,800円での販売価格ということは、卸前製造原価は600円以内?
うっそぉ・・・。ラーメン1杯分でこれを造るの?

あ〜、おどれーた。


この記事をはてなブックマークに追加

刀の差し方

2016年01月09日 | スポーツ・武道など



ネタパクリ連続で申し訳ないのだが、岡山ではこのような奇祭があるらしい。
注目したいのは、この方の刀の差し方ね。
実はこのような差し方を私は師匠から習った。
「うっそ?そんなに前に出すの?(◎。◎)」とか思ったが、その場にいた師匠
の師匠(大師匠)の範士は「もっと出せ」と言う。「それが本当の差し方だ」と。

脇差を差しているので、武用差しはそうなるのだそうだ。
こういうことは口伝に類することで、ほとんど一般的には失伝していたりする。

だが!
別な新派系の先生方からは注意を受けたりすることもあるので、自分が属する
古流古伝の作法の
実行は時と場所を選んだほうがよい。

これは30代前半の初段時のわたくし。刀は備前長船則光。場所は神奈川県
鎌倉の鶴岡八幡宮武道館。

このような差し方をしていても、注意を受けたことは一度もなかった。


ちなみに、どうだろうと思って、同じ新派でも修心流居合術兵法の場合を
ネットで検索してみた。
やはり、他の新派より出てるね〜。これは古流古伝に近い。

(町井勲宗家)

さらに、幕末の実在の本物の武士を見てみる。
大刀はかなり前に出ている。



武士の二本差しである「前半(まえはん)」に差したら、当然このようになる。

※「指す」と「差す」について
指すとは指し示すことで、差すとは差し込むことですが、日本の江戸時代
には音(おん)が同じならば漢字にはこだわらないという文化がありました。
ですので、「わきざし」などにも「脇差」「脇指」のどちらの表記も存在します。
刀を帯にさすことについても「差す」でも「指す」でもどちらも正解です。
かといって、「短刀直入」てのはないから。
切腹じゃないんだから(笑


この記事をはてなブックマークに追加