渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

さかなや

2016年08月26日 | 文学・歴史・文化


げひょーん!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

江戸時代には「さかなや」という呼び方はなかったそうです。
魚類のことは平安から江戸時代までに「いお」→「うを」→「うお」と変化
したが、漢語読みで「ぎょ」はあったにせよ、「さかな」とは読まなかった。
魚肉を酒の肴として多く食した江戸期に酒のつまみ=酒菜として魚類を
「さかな」と呼ぶ呼び方が発生したが、魚をさかなと呼ぶのは一般的ではなく、
さらにうおやをさかなやと読むようになったのは明治以降らしい。
ほげ〜。調べてみるもんですなあ。
時代劇とかって嘘多いからね〜。
時代劇は活劇であってファンタジーだからよいけど、現実世界では古流武芸
流派を僭称して大衆を騙してるニセ壺売り霊感商法みたいなカルトがいるから
始末悪いんだけどね。
いくら猫抱いてムーミン系を装っていても、魚の腐った目みたいなのを
見れば詐欺師の顔だと知れる。
歴代魚の腐った目というのはなかなかない。
まあ、江戸っ子祭りだワッチョイ!やる気もないすけどね。

そりゃそうと、さかなや新ちゃんと呼ぶのは時代劇としては間違いで、本当は
うをや新ちゃんだったのですか。
洗濯屋けんちゃんの仲間みたいにこれまでは間違って呼んでたのですね。
仲間ですけど。わかります。


この記事をはてなブックマークに追加