ウサギとカメのマラソン練習日記:現在のベスト⇒2016年10月30日【富山マラソン2016】3時間29分47秒

兎年生れの”うさお”と何も語らないカメのマラソン練習日記です(2016.1.1初版)

日記0207:フルマラソンのベスト記録を考える(その3)

2017-02-24 06:30:00 | 日記
いよいよフルマラソンのベスト記録(タイム)は
いったいどのくらいで完走できるのか?
過去ベスト4の記録を参考にシミュレーションしてみましょう!

【ベスト1】2016年10月30日
富山マラソン2016:3時間29分47秒(ネット3:29:36)
前半:1時間41分58秒/後半:1時間47分49秒(後半5分49秒のロス)
前半のペースでいけば:3時間23分56秒くらいで完走となる
レース分析:5㌔ラップで遅い区間は
      30㌔~35㌔ラップ26分00秒、35㌔~40㌔ラップ26分00秒
      後半30㌔から失速あり
【ベスト2】2016年2月21日
北九州マラソン2016:3時間32分06秒(ネット3:30:43)
前半:1時間43分39秒/後半:1時間48分27秒(後半4分48秒のロス)
前半のペースでいけば:3時間27分18秒くらいで完走となる
レース分析:5㌔ラップで遅い区間は
      0㌔~5㌔ラップ26分33秒、35㌔~40㌔ラップ26分03秒
      スタートロス1分23秒なので実質は35㌔から失速あり
【ベスト3】2017年2月19日
北九州マラソン2017:3時間33分32秒(ネット3:33:03)
前半:1時間41分40秒/後半:1時間51分58秒(後半10分18秒のロス)
前半のペースでいけば:3時間23分20秒くらいで完走となる
レース分析:5㌔ラップで遅い区間期間は
      30㌔~35㌔ラップ26分07秒、35㌔~40㌔ラップ28分21秒
      後半30㌔から大失速あり
【ベスト4】2015年12月13日
青島太平洋マラソン2015:3時間35分59秒(ネット3:35:26)
前半:1時間47分34秒/後半:1時間48分25秒(後半52秒のロス)
前半のペースでいけば:3時間35分08秒くらいで完走となる
レース分析:5㌔ラップで遅い区間期間は
      0㌔~5㌔ラップ26分54秒、あとはほぼラップ25分前後
      スタートロス33秒とトイレなので実質イーブンペース

以上のデータから分析すると
後半30㌔以降のペースダウンが目立つ
中間地点1時間41分~43分での通過タイムはちょっとハイペースなのか
しかし青島太平洋マラソンのイーブンペースを考えると
中間地点1時間45分前後が理想のタイムか?

でも今の自分の実力を考えると
ハーフマラソンのベスト記録、1時間36分39秒だし
今回の北九州マラソン2017で中間地点1時間41分が通過タイム
身体そのものは、きつくなかったので
中間地点タイム1時間40分はけっして無理なタイムではないと言える

あとは課題の後半ペースダウンを抑えるため
・練習の質を変えること、
・うまくエネルギー補給をすること、
この二つのポイントを中心に改善し後半失速を5分以内で抑えると
今の目標ベスト記録は「3時間25分00秒」となる・・・
これが現実的なフルマラソンの目標タイムと言えるでしょう。

次回「さが桜マラソン2017」に挑みます!
けっぱれ自分、けっぱれ俺、自己ベストはそこにあるぞ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日記0206:フルマラソンのベ... | トップ | 日記0208:プレミアム・フラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。