畑本くにえ(畑本久仁枝)のBLOG

京都生まれの京都育ち、大好きな京都から日本を変える~この国のアイデンティティ再確立を目指します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何故、SASから消えたのか~その1

2014年06月07日 22時39分08秒 | つれづれ想うままに
このブログは4月に下書きしていたものですが、未完成のまま体調不良になりそのままに。
春から初夏、そして梅雨入り 季節の移ろいに着いて行けずにようやく一部投稿です。
以下は春に書き始めたものを投稿します。

長いトンネルからようやく抜け出せた様に思います。
桜咲く季節が今年もやって来ました。

2月23日の投稿以来、ブログもツイッターもフェイスブックからも遠のきたくなって…
皆様から、身体が悪いのではと、ご心配いただいて本当にありがとうございます。
身体は至って健康なのですが、いろいろ思うことがあり、自身の発信は休止状態にしました。

2月中旬から3月中旬の1ケ月間に3人の方の訃報に接しました。
ロータリークラブでご一緒しておりました林 研志さんへの哀悼の意はブログで投稿しましたが、林さんをお見送りした2週間後に届いた訃報は、私が国政を目指している時にお世話になった方でした。
そして、その方をお見送りしてから1週間後に息子の友人のお母様の訃報です。私より10歳も若くして黄泉の国に旅立たれました。一人息子を遺しての旅立ちは…成人した息子とは言え、子を持つ母としてご心中を察すると余りあるものがあります。

相次ぐ訃報に接していく中で、特に林さんと国政を目指している時にお世話になった方、このお二人に対しては自責の念に駆られてしまい、日増に精神的落ち込みが激しくなり、故人への冥福をお祈りする意味でも喪に服す事に、それ故SNSからも退いた次第です。

国政を目指す、そう決意してから2年半の年月が経ちます。
その間 沢山の方に相談にのって頂き、お世話になり、励ましの言葉を掛けて頂き、思い返せば、いろんな方を巻き込んできたのです。
林さんにも、国政を目指している時にお世話になった方(以後A氏とさせていただきます)にも、支部長再認後、ご挨拶にお伺いもしていなかったのです。
考えれば、この2年半長いトンネルからようやく抜け出せた様に思います。
桜咲く季節が今年もやって来ました。

2月23日の投稿以来、ブログもツイッターもフェイスブックから遠のきたくなって…
皆様から、身体が悪いのではと、ご心配いただいて本当にありがとうございます。
身体は至って健康なのですが、いろいろ思うことがあり、自身の発信は休止状態にしました。

2月中旬から3月中旬の1ケ月間に3人の方の訃報に接しました。
ロータリークラブでご一緒しておりました林 研志さんへの哀悼の意はブログで投稿しましたが、林さんをお見送りした2週間後に届いた訃報は、私が国政を目指している時にお世話になった方でした。
そして、その方をお見送りしてから1週間後に息子の友人のお母様の訃報です。私より10歳も若くして黄泉の国に立たれました。一人息子を遺しての旅立ちは…成人した息子とは言え、子を持つ母としてご心中を察すると余りあるものがあります。

相次ぐ訃報に接していく中で、特に林さんと国政を目指している時にお世話になった方、このお二人に対しては自責の念に駆られてしまい、日増に精神的落ち込みが激しくなり、故人への冥福をお祈りする意味でも喪に服す事に、それ故SNSからも退いた次第です。

国政を目指す、そう決意してから2年半の年月が経ちます。
その間 沢山の方に相談にのって頂き、お世話になり、励ましの言葉を掛けて頂き、いろんな方を巻き込みながらの月日でした。
林さんにも、国政を目指している時にお世話になった方(以後A氏とさせていただきます)にも、支部長再任後のご挨拶にお伺いもしていなかったのです。

考えれば、この2年半、如何に自分本位になっていたか、自分の事しか見ていない・考えていなかったか、あまりにも自己中心的な自分に嫌気が差して、「こんな私が国の為に働きたい」そんな偉そうな事をいう資格や資質があるのか、自問自答すればする程、自己嫌悪スパイラルに陥ってしまい、精神的にはどん底状態になっていったのです。

「精神の空白」その様に表現したらいいのでしょうか、内腔から湧き出る生命エネルギーを感じるセンサーが断ち切れた日常でした。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法の拡大解釈反対と共産党... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む