事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

犬の哀しみ

2016-11-08 00:03:56 | 本と雑誌
近藤史恵「シャルロットの憂鬱」タイトルに意味はない、3年前にこんな記事を書いた、とってもよい犬のシャルロットがその後どうしたかというお話、あの時は気がつかんかった(と思う)けどシャルロットって聞いたらそんだけで笑うヒトは笑うよね、「らんま1/2」で良牙のピーちゃんがある時そう呼ばれてた・・・あ、ちょっと古いかな?

リタイアした警察犬のシャルロットは、さらわれかけるやら噛まれるやらボーイフレンドを盗られるやらの災難続き、だけど優しくて洞察力にあふれた飼い主夫婦に守られていつもそこそこハッピーなのだ、猛犬の件はちょっとコワい、いろんな意味で、さうホントにいろんな意味で・・・

「何で犬は前のことを水に流せるのかしら」
「犬はウソをつかないからだろ」

はてだうかね、犬は先のことを考えないからじゃないのかね、と年寄りは思うのであった
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の本格 | トップ | 京極さんの新作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。