事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

交易立国は可能か?

2017-07-11 15:15:19 | 本と雑誌
岳飛伝7」ソニーが知らせてくれたので即ダウン、梁山泊は日本で砂金を仕入れて西域で銀と交換する世界最高の錬金術(向こうにとっての)をやって見せる、何せあちらじゃシルバーとゴールドが1:20だからね、でもって中国では事実上シルバーしか流通してない、これだったら輸送とその警備に少々コストがかかっても絶対もうかる、だけどこれはたぶん例外、モノを右から左へ動かすだけで国家が成り立つかと言えば・・・・やっぱ夢物語だろね、売り物はやっぱ自分で作らないと(我が国のごとく)

カンボジアだかタイだか(ミャンマーだか)では甘蔗糖生産が軌道に乗って日本でも大きな売り物になってる(梁山泊の特産品は今のところこれだけ、さう言えば前は食塩だったよな、作者も一応考えてるんだ)
奥州の藤原秀衡はまだ若い、中国では「北の王」という認識、大宰府を仕切ってるのは「京の王」だが京には帝もいるという、王って誰だろ、まだ清盛は太政大臣とかなってないよね(いったいいつなんだ今は、地図といっしょに年表もつけてくれ)、彼は確か宋と貿易してたハズだけど、南宋でも対日貿易に目をつけている、海で戦争が始まりそうな気配(まだ気配だけ、そう言えば最近誰も寿命以外で死んでないよな)

岳飛がいるところはたぶんベトナム、一度は離散した岳家軍だったが梁山泊の助けもあって再度終結しつつあり、食塩を含む湧水をみつけた、そんなんホントにあったらすごいけどあるんだろか、海は遠いのかな?

てなところでオワリ、ああ、完結するまで生きてられるんだろか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽の哀しみ3 | トップ | 音楽の哀しみ(クドイ!) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。