事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

コミックの実写化

2017-05-05 21:00:02 | 日記
帝一の國」連休というのに見たい作品がない、なのでポスターに見たような顔やら名前やらが並んでるこのものに行って来た、余裕を持って行ったハズだったのにチケット売場は長蛇の列、海外アニメでもよいかなと思ってたけどそっちは売切、ともあれめでたい(何がだ?)

Wのフィリップ、ドライブの新之介、トッキュウジャーのライト、ゴセイジャーのアラタ、ゴーバスターズのヒロム(だったよね)、ニンニンジャーの八雲(わからんかった)が顔を揃えてる

主人公(こいつがフィリップ)は将来首相になるために今生徒会長選挙を戦うというちょっとじゃなくてものすごく変わったヤツだがだうもこの学校じゃそれが普通、というほどここは出身者に政治家が多いちょっとじゃなくてものすごく変わった学校、これで時は昭和っていうんだが違うだろ、異世界だよ、そんな彼らを「狂ってる」というたった一人の一見常識人(さわやかに進之介)もまっとう過ぎの優等生過ぎでやっぱド非常識、さて彼らの運命やいかに?

ツッコミどころ満載だがみんなに会えたからよしとしとこう、文化祭で和太鼓をたたくシーンとグランドでみんながマイムマイムを踊るシーンが楽しい、ウケネライでやってるのは見え見えなんだがね

早速コミックをダウンして読み始めた、まだ3冊めだが元ネタのシーンを生かしつつエグいところを省いてきれいに仕上げて・・・たんだろな、にしても映画ってゼイタクなエンタメよね、出演者だけでこれだけヒトを揃えなきゃ作れないんだから

ところで・・・全然わからんかかったけど榎木孝明ってもしや首相だったの?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元素の哀しみ | トップ | 異色の学園コミック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事