事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

今年のプリキュア映画

2016-11-02 20:33:52 | 映画
魔法使いプリキュア」諸般の事情で1日空いたので久々に109まで足を伸ばした、さすがにウィークデイ、お子様がいないのでほとんど貸し切り状態(というのはウソでちょっとはいたが)、ミラクルライトを振るヒトが少ないのはサビシイよね、大人にはくれないし

クマ→アクマ→ダークマター→クマタとはナイスアイディア、これ考えたヒト偉いよ、お子様にわからんほどむつかしくなくて大人もアホらしい!とどなりつけないほどには決まってて、いや実を言えば私はタハハだったのだ、ダークマターはマターじゃないんですけどって・・・でも家人が評価してたからまあそれもありなんだろなと(上から目線)

モフルンかわゆいよね、歴代マスコットのうちでもハミー(スイート)以来のデキと私は勝手に思ってる、そう言えばあれは(名前からしても)人間体ありと期待させながら最後までマヌケなネコのままだったわな、今回のモフルンはまさかの人間化(ついでに言えばあれほどマヌケじゃないやうな)、さてTVでもご披露ありや否や、ちょっと期待しちゃうな
「みらい、この子誰なの?」
「えっとリコの友達で名前は・・・モコ」
何かありさうだけどないよね、キュアハーモニーがなかったやうに・・・でもホントにないかな?

それはさておいてこの作品けっこうメッセージ性も高いと思う
「あの子のホントの望みは」
「もうかなってるよね、石なんかなくても」
これけっこう重要なんだよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンダムの悲しみ | トップ | ヒトであるモノとないモノ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。