事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

ちょっとこれは・・・

2017-04-29 22:31:01 | 本と雑誌
土曜日がお休みなのはうれしいがショッピングも一通り楽しんじゃったし、やっぱし私は本屋だよなとちょっと遠くの本屋へ行ってみたらそこは電話ショップになっていた、三日見ぬ間の桜かな、一駅隣の本屋はまだあったが何か売場縮小してるような、またもうこの頃は店で惹かれたモノをすぐに買わない、とりあえずソニーにあるかだうか確認してから

ということとは別に関係なく「三人目のわたし」数日前に電子版ゲト

はてこれをハヤカワがミステリで売るのはいかがなものか
ヒロインに何があったかわかるヒトはいないのではだって?私は薄々ながらわかったよ、何か騙されてるなってことは、ネタを聞いて「あ、さう来たか」とは思ったけど「ヤラレタ」ではなかったな
でもってネタそれだけなのよね、思わせぶりな双子の妹もワケありな両親もただの目眩ましで本筋じゃない、ベージ数稼ぐために次から次ヒトを不幸にするんじゃないっての、さういうのが好きな読者もいるだろうけど私はひたすらイラつくだけだし
だいたいこんな都合のいい友人も職場も上司もそして一番肝心なことだけど亭主もいるわけねーだろ、だう考えてもこれは若い女の子向けに「ナントカロマンス」として売るべき作品だと思うなあ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続けて西尾維新 | トップ | しんちゃんの映画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。