事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

オペラ鑑賞

2017-07-15 21:11:57 | 音楽
1日がかりで「ドン・ジョヴァンニ」を鑑賞、解説絵本のおかげでようやくストーリーがわかった、4つめのフォルダはこのものについてた抜粋CDだったのだ、忘れてたけどこれには歌詞カードついてて一部だけど意味がわかった、なるほど、こういう話だったのか、ヒロインが2人いてそれぞれに見せ場(いや聞かせ場)を作らなきゃいかん上にあんまし存在感のないテナーの兄ちゃんにも出番を用意せにゃいけない、なかなかストーリーが進行せんわけだ、ナマ録なのでアリアが終わる度に拍手、あの頃(1956)の編集だから不自然に切れてる箇所があるし一部セリフが抜けてる(らしい)ところも、いや別に大勢には影響ないけどね

関係ないけどこのオーケストラ、ウィーンフィルなのよな、ということはクラやってるの私にとっちゃ神様みたいなウラッハってこと?わからんな、ほとんどクラの出番ないんじゃない?
まちがいないのはフィナーレ、私これはやったのよな、年長の友人いわく
「ドン・ジョヴァンニがメシ食っててレポレロが給仕してるとこ」
でなぜか「もう飛ぶまいぞ」が紛れ込む
「あれ、これフィガロじゃなかったの?」とか思ったけど何せ目立ちたがりだからノリノリだった、そ、ここはクラ、だけどウラッハ?そんなんわかるわけないやな

ところで、主人公のドン・ジョヴァンニ、意外とソロが少ないね、低音男性の一番カッコいいアリアはたぶんカタログの歌でレポレロに持ってかれてるし、シャンパンの歌とセレナーデはめちゃカッコいいけど短いし、これやっぱ女性のドラマだよな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビートルズのRevolution | トップ | 柱サボテンの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。