事件記者のページ

遠い昔のTV番組を再現しようというムチャな試み

絶句

2016-10-15 11:03:44 | 本と雑誌
タイトルのつけようなし「魔天忍法帖」、風太郎作品これだけ電子化が進んでてもまだソニーにはないモノがある、幸い古書はあったのでゲト

文政年間のお庭番が関が原の年にタイムスリップしたと思いきや、江戸夏の陣で家康が殺され、関が原で三成が殺され(あれ、そこは合ってる)、山崎で秀吉が、本能寺で光秀が(やっぱ逆だ)、こうなりゃ桶狭間で信長を襲ってやると主人公は駆けつけたが・・・・・

あのだうでもいいけど清洲→熱田は東海道線であって旧東海道じゃないんですがとしょーもないツッコミを入れてみる地元民であった

解説北森鴻、生前の御大に会ってみたかったとのこと、そっかな、作者に会いたいと思うもんかな、小松さんであれ佐野さんであれ本人に会いたいとは特に思わんかったやうな気がするな

この3日間昼間は仕事に追われ(さういうこともあるのだ)夜は飲んだくれて即死の日が続いた、我ながら体力ないよなあ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビートルズは誰の心にも | トップ | ETAホフマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。